「〜チーズと日本酒の基礎編〜」ナチュラルチーズ×日本酒 Vol.1

2016.3.31

皆様こんにちは!
SAKE佳人の杉本美樹です。

先日は外苑前Sake Salon Oz様にて開催されたイベント「〜チーズと日本酒の基礎編〜 ナチュラルチーズ×日本酒 Vol.1」に参加させて頂きました。

チーズは全くの素人ですが、かねてより「日本酒や古酒とチーズの組み合わせは合うな〜」と思っておりましたので、今回のイベントは楽しみにしておりました♡

最初に日本酒とチーズのプチセミナーが行われました。
公界の木村さんとチーズ伝道師のアンディーさんが講師です。

日本酒については、私は唎酒師を持っているので割愛しますが、チーズの知識を学ぶことはとても新鮮でした!

チーズの起源はなんと紀元前7000〜8000年前に壷に入れて作っていた説が有力で、16世紀に修道院で作られていたブリーがカマンベールより王道なこと、などなど様々な新しい発見がありました。

日本酒は日本文化の結晶なら、
チーズはユーラシア大陸文化の結晶かもしれませんね。

ハード、ウォッシュ、シェーブル、、、なんとなくよく聞く言葉の違いや、殺菌乳と無殺菌乳の違いなどチーズの基礎知識を学べました♪

それからいよいよ、日本酒とチーズの飲み比べ、食べ比べです。
今回はいずれも雄町を使った日本酒3種と、アンディー氏セレクトのチーズ6種盛り合わせ♪

特に私は無殺菌乳の白カビチーズがとても気に入り、
クリーミーな味と白砂糖のようなジャリジャリとした触感にめろめろでした♪
それに米の旨味がしっかりと主張する日本酒との相性は最高!

やはり「旨味」×「発酵食品の旨味」は相乗効果を生みますね。

他にも日本在住ペルー人の方が作っているもっちりとしたチーズや、
上品な香りのブルーチーズ、岩塩のような旨味のあるゴーダチーズなど、
どれも激選された美味しいものばかり〜〜〜♡

こねて少し温めるという温度の変化をワンポイントで教えて頂いたり、ちょっと贅沢な晩酌の時間を過ごすヒントが得られました♪

次回は「スーパーで買えるチーズと日本酒の組み合わせ」の講座が開かれるとのことです。
より身近にチーズと日本酒を楽しむコツが聞けそうですね。

<今回のチーズラインナップ>
白カビ:ブリー•ド•モー(無殺菌)フランス
青カビ:ゴルゴンゾーラ ドルチェ イタリア
ウォッシュ:タレッジョ ビオ イタリア
フレッシュ:ケソフレスコ 国産
ハード:コンテ6ヶ月 フランス
ハード:ゴーダ18ヶ月 オランダ

kajin38

TOKYO/CHIBA

2016 ミス日本酒 ファイナリスト/千葉代表、唎酒師、日本酒ナビゲーター

MiSugi

好きな日本酒の銘柄:自然酒五人娘、自然のまんま、陸奥八仙、出羽桜、カワセミの旅

数年前からすっかり日本酒の魅力にハマり、会社員として働く傍ら、唎酒師取得、2016 ミス日本酒 千葉代表として活動していました。食事との合わせ方、酒蔵や造りのこと、酒粕や甘酒など、日本酒を取り巻く様々な体験を国内外の多くの方に広められたらと思っています!よろしくお願いします♪ ◎ 酒粕を日常的に取り入れる「酒粕♡体質改善♡生活」推進中 ◎ 全国津々浦々の美味しい食材とSakeの真のマリアージュを求めて山から海までご紹介していきたいと思っております!

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top