【活動日記】お酒に関わるふたりの女性

2016.2.26

先日、21日。
縁あって黄金町のシアタージャック&ベティにて公開された映画
「一献の系譜」
の上映後クロストークに参加させて頂きました。
光栄ながらも
石井かほり監督とSAKE美人のゆきさんと一緒に。

クロストーク本番の話は
一先ず置いておいて。笑

今回1番心に残ったのは
本番前の打ち合わせでした。


駅に着き、少し道に迷ってたどり着いた映画館は、ノスタルジックな雰囲気。

控え室の扉を開けると
石井監督が明るく迎え入れて下さいました。

ーさてさて
今日は何を話しましょうか。


クロストークは10分間の短い時間になるので、悠々と話してはいられません。


監督と話したのはこれが初めてではなかったけれど
一対一は初のこと。
緊張が隠せない私に
監督は落ち着いた声色で能登の蔵元さんの話をします。

その他愛もなくて面白い話に
物凄く安心した気持ちになったのは
ここだけの話です。


クロストークは
私から監督へ
監督から私へ
と質問し合う形で進行するのですが
監督から

ーお酒に携わる女性は本当に沢山いるけれど
その中でこのサイト(SAKE美人)は
どういう立ち位置になっていくんだろうね。


とさりげなく質問をされたとき
そういえば
と思ってしまいました。


そういえば
私自身
日本酒の世界で
どういう風になりたいんだろう
好きな事のために
自分ができることは何だろ




そのあとは
監督とSAKE美人yukiさんの
面白すぎるやりとりに混ざり
クロストークを終えました。

軽くお酒を飲み始めると
目の前で話すふたりの女性が
とても前向きで楽しくて
きらきらと笑うのを見て

いつかこの人達のように
なりたいな
と感じました。



最後に
この日出会った素敵なお酒を一つ。


寒梅酒造さんの
「宮寒梅」

こころに春をよぶお酒

という名前がよく似合う。
品の良い華やかさと
はぎれの良い旨味が
今日の緊張を、ふわりと軽くしてくれた気がしました。




kajin17

TOKYO (ginza, shinbashi, kanda, ikebukuro, otsua......)

利酒師 / 日本酒専門店勤務 / 株式会社セオリー(CEORY INC.)

SatoMakiko

✤東京都出身・豊島区在住

✤銀座を中心に店舗展開する「日本酒スローフード 方舟」という 日本酒専門店の会社に勤務して4年目。制作・営業・広報担当です。

✤大学生時代、利酒師資格を取得し 現在の会社に勤め始め 蔵元さんとの出会い 日本酒屋さんとの会話を通して日本酒何某かを学んできた「日本酒野生児」。(笑) 日本酒イベントを主催したりなど、徐々に活動範囲を拡大中!

知識も経験もまだまだこれからですが 職場柄 「日本酒界のスゴイ人たち」 にお会いしますので その方々の御言葉と 「日本酒と日本文化が持つ美しさ・素晴らしさ・大きな可能性」 を伝えていけたらと思います。

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top