【女蕎麦屋酩酊記】新橋銀座ではしご蕎麦で呑む

2016.1.9

蕎麦屋で呑むではありません、蕎麦で呑むのです。
蕎麦と日本酒、落語でもおなじみで東日本では昔から親しまれている呑みスタイル。板わさ、だし巻きで呑んだ〆で蕎麦を食べる……のが粋とされておりますが、わたくしは異なります。がちで蕎麦を肴に呑みます。時として蕎麦に日本酒かけて食し、また、呑む。それが蕎麦呑み!

ういー!

っとさっそく、昨日ですが新橋で蕎麦で一杯いただきました。新橋ビルの中の立ち食い蕎麦、いっきゅうさん。こちら立ち食いそばですが店頭に石うすがあり、自家製粉の蕎麦粉の生蕎麦をいただけるご機嫌なお店。ミニ笊蕎麦なら、、、なんと250円!ご機嫌すぎるお店です。

ワンカップ各種が550円で呑むことができますが、グラス売りで一ノ蔵もありました。
お蕎麦はしっかり蕎麦の香りがし、固めて好みのタイプ。お上品んではなく力強いですが、わたくし、こういう蕎麦好きであります。くいっと一ノ蔵ひっかけていただくと本当にご機嫌。

お蕎麦、、、炭水化物で太るのでは、、、と思ったそこのアナタ!まあ炭水化物ですが、小麦粉に比べて低カロリー。加えてルチンというポリフェノールが入っているので、抗酸化作用があり、アンチエイジングにきくともいわれているのです。美味しいだけじゃなく、美酔うにも酔いのが蕎麦呑み!

っと蕎麦で呑んだ後、、、どこの世に、、、はしご蕎麦するおんながいるかというはなしで。。。

ええ、行ってしまいました。銀座のnaruさんはイタリア風変わり蕎麦が面白いお店。

こんなカフェ風、バル風の雰囲気でワイングラスで日本酒を楽しむことができます。日本酒は獺祭、くどき上手、貴等人気銘柄がそろっておりご機嫌。

意外と、、、日本酒の品ぞろえが豊富なお蕎麦屋さんって少ないですわよね。。。

こちらのお店の面白い処は山椒とオリーブオイルでお蕎麦をいただくことができるということ。パスタ風にアレンジされたお蕎麦は硬さはちょっと柔らかめながらしこしことし、オイルと合わせていただくと、この日いただきましたくどき上手純米大吟醸も進むのでした。

ただ今新酒の季節でもありますが新蕎麦の季節でもあり、新鮮なお酒とお蕎麦をぜひご賞味あれ!

kajin15

TOKYO SYUTOKEN TOHOKU KOUCHI

日本酒ナビゲーター,お燗名人,酔画師

酔いどれんぬ

好きな日本酒の銘柄:文佳人、萩の鶴、土佐しらぎく、安芸虎、乾坤一

秋田の母と京都の父の間に生まれ、米処宮城で育った生粋の日本酒好き。

作って呑んで、旅して呑んでをモットーに、肴を作って呑む日々。カフェで日本酒、肴を提案する傍ら、現在楽天レシピの公式アンバサダーとしておつまみ名人担当。作成肴レシピ数3000超。簡単居酒屋、バル料理はもちろん燻製料理も作成。

日本酒って美味しいだけではなく、楽しいをモットーに日本中を旅して新しい魅力を発見。呑んで描く、酔画師の一面も。

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top