蕎麦呑み

2016.1.8

明治40年創業、100余年の歴史ある
軽井沢の老舗のそば処。

前 ひとり旅した時に フラッと立ち寄り
ひとり呑みしたお店。


その日は 寒~い日だったから。

贅沢に、あったかい 上の天ぷら蕎麦と熱燗を。
体の芯からあったまりそうな熱燗に、熱々の天ぷらと
お蕎麦。

なんともホッとする美味しさに癒され、
心まで あったかくなって 店を出た。

いいお店だな。





そして、2年後。
軽井沢に来たので、昼間っから また 来てしまいました (*^^*)♡

あぁ そうそう。
あの日も 石油ストーブの上に 大きなやかんが。
お母さんも優しくて
お店の昔ながらの雰囲気がなんとも 居心地が良かったんだよね (o^^o)



さて、何はともあれ お酒を注文しよう ✨


こーゆーとこは、
日本酒の銘柄など書いてなく メニューには

・御酒 ( 一合 )
・御酒 ( 二合 )
・にごり酒

この シンプルさがたまらない。


「 御酒を 一合で。」

「 あったかいの ? つめたいの ?」

「 あ、じゃあ つめたいので (=^^=) 」



きた !

おー、いい感じです (o^^o)💕


肴は 板わさと漬物、
あと 天ぷら ♪

今日は ふたりだしな (∩❛ڡ❛∩)


えーと、あ!
見つけてしまいました (∩´∀`∩)

11月〜1月頃まで( 新そばの季節限定 )
そばがき 💕

そばがき 大好き ♡

そばがきって お店によって ぜんぜん違うから 頼むのが楽しみ (=^^=)




きた!

おぉ (⊙ꇴ⊙)!!

いままでにない感じ (=^^=)!

専用のタレと
わさび ・ おろし ・ ごま がきました!

けっこうボリュームもあります。



たまらず いただくと

ふわっふわ
もちっもち
⊂( ´ω` )⊃ (∩ ´ω` ∩) ( ⊃´)ω(`⊂ )

ふわっふわ
もちっもち ♪
⊂( ´ω` )⊃ (∩ ´ω` ∩) ( ⊃´)ω(`⊂ )


あぁ 幸せ ♡




こ、これは 酒が すすむ (๑•ㅂ•)و✧

すかさず もう一合 🍶 ✨



あれ?
天ぷらの頃には もう酒がないじゃないか。
おかしいな? (笑)

あー 蕎麦呑みって 楽しい ヾ(*´∀`*)ノ✨




そばがきで お腹がふくれたので
〆は ふたりで、ざるそば一人前を。

おぉ、なんとも 美しい お蕎麦です (♡´艸`)



ツルツルッ


む!
うまい っ!!

ひとり、一人前いけたな (๑•ㅂ•)و✧



蕎麦湯を チェイサーに 残りのお酒をいただき、
ご馳走様でした (∩❛ڡ❛∩)♡


さぁ 長居はせずに サクッと
帰りますよ (=^^=)


大満足な 蕎麦呑みでした(o^^o)♡



皆さま 蕎麦呑み いかがですか ?
楽しいですよ ♪




☆蕎麦呑みってしてみたいけど
どうやってしていいか わからない (∗•ω•∗)??

と おっしゃるそこのお嬢様 ✨


こちらを (=^^=)

蕎麦呑みのマニュアルみたいなものですな ♪

好きに呑んだらいいんですが、知っていて損はありませぬ (=^^=)

・蕎麦屋と酒

 蕎麦屋は江戸時代、職人達が酒を飲みに行く憩いの場でした。
 まず、「板わさ」のような簡単な肴で酒を1本やり、「出し巻き」でもう1本、締めに蕎麦を手繰り、長居しないでさっと帰るのが庶民の楽しみ方だったようです。
 鬼平犯科帳の長谷川平蔵も、しばしば蕎麦屋で飲んでいました。
 現在は、このような江戸の伝統を引き継ぐお店に加え、料理屋顔負けの肴を出すところもあり、多様化しています。
 (居酒屋のような肴で酒を飲んで、最後に蕎麦が出てくるという「蕎麦居酒屋」も増えていますが、ここでは対象にしていません)

・蕎麦屋の肴

 蕎麦屋には独特の肴があります。
 「出し巻き玉子」「板わさ」「焼き海苔」「蕎麦味噌(焼き味噌)」「鴨焼き」などです。
 蕎麦屋の「出し巻き玉子」は、京風の出し巻きと異なり、焼き目を付けるのが特徴で、京風より香りが強く濃い目の味付けです。
 「焼き海苔」は、これを肴にするとは普通は考え付きません。しかも、専用の器に入れて温めて出されます。余程の粋人のアイデアでしょう。
 蕎麦粉や蕎麦米(抜き実=丸抜き)、そば切りを使った肴は、蕎麦屋でしかお目にかかれません。蕎麦粉を使った「蕎麦豆腐」「蕎麦がきの揚げだし」、蕎麦米を使った使った「焼き味噌」など色々工夫されています。(本ホームページでもいくつか紹介しています。蕎麦料理・蕎麦菓子 )
 蕎麦屋に「天ぷら」は付き物ですが、専門店並に良いものを出すところが多く見受けられます。
 また、鴨を使った「鴨焼き」や「鴨ロース」などが美味しいのも蕎麦屋の特徴です。
 隠れた肴として、鴨南蛮の汁です。具の鴨そのものはもちろんですが、汁が肴になり、酒とも良く合います(塩分の取りすぎに注意して楽しみます)。
 cf.蕎麦屋の料理には、豚肉や牛肉は使われず、鳥の肉(鶏、鴨)です。

・蕎麦屋の酒

 おおまかに、蕎麦(そば切り)の味と、置いている酒のグレード(価格)は比例します。うまい蕎麦を食べさせてくれるお店は、お酒も上級な高い酒を置いています。うまい蕎麦を活かすにはそれ相応の酒が必要だからです。とはいっても、せいぜい1.5倍程度で、ワインと比べれば知れています。
 肴は、上記のように比較的簡単なものですが、良質であっさりしたものが多いため、酒もそれに合わせ、日本酒それも純米酒や吟醸酒が主流になります。このようなお店は、蕎麦に合う酒を全国から探して置いています。
 ビールや焼酎でも良いのですが、蕎麦屋の肴や蕎麦切りは日本酒と一番良く合うので、一杯は日本酒にして欲しいものです。
 老舗の蕎麦屋では、菊正宗を置いているところが多く、手ごろで楽しめます。

・蕎麦屋酒の器

 器は、陶器・磁器、玻璃と多種あり、飲む酒の種類や温度(冷、常、燗)に合わせます。
 冷酒は玻璃や磁器、燗酒は陶器が一般的で、器の見た目の涼しさや暖かさ、縁の触感(キレ)で選びます。
 お店によっては多種類用意して、酒の銘柄毎に器を代えてくれるところもあり、思い入れを感じます。

・蕎麦屋酒の作法

 老舗では、長居しない、酩酊しないが作法とのことで、雰囲気を守り、度を越さないようにしましょう。
 他のお店では周りに少し気を使い、普通に楽しめばいいと思います。

・蕎麦屋酒の時間

 蕎麦屋酒は、日が少し傾いた、まだ明るい時間に、ふらりと立ち寄るのが一番良い。その自然体が一層酒を美味しくしてくれます。
 仲間で行く場合は、多人数は控え4人程度までが良い。個室があれば、その限りではありませんが、一角を占めての宴会は似合いません。一人客が自然なのも蕎麦屋酒の特徴で、一人でじっくり飲んでいる姿には、粋を感じますね。

 

今年は 粋に ひとり蕎麦呑みデビュー (*˘︶˘*).。.:♪*


今宵も 日本酒。
乾杯 ~♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

kajin13

JAPAN

和食屋女将・酒匠

堤あす美

ホテル、個室会席 仲居、日本酒BAR勤務を経て、主人と2人で和食屋を開業。 利き酒師、酒匠資格取得。 互いが互いを引き立てあう 料理と日本酒のマリアージュを 伝える。

このキュレーターの最近の記事

2017.2.19 update

春を 感じに。

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top