クリスマスも日本酒で乾杯!和酒フェスに行ってきました。

2015.12.22

先日、日テレ前で開催されました、日本酒の一大イベント、和酒フェスに行ってきました。

当日は風が冷たかったですが、寒さを感じさせない、吹き飛ぶ、熱い酔いイベントでした。なにせ、いきなり臥龍梅の純米大吟醸など呑めてしまうのですから。愛山も山田錦も至福の味わいでした。

そしてこちらが話題のノーベル賞晩餐会で使われた、神戸酒心館さんの純米吟醸の福寿。さらにこの当日は非売品でこの日の為だけに瓶詰めされた、この福寿の袋吊り生原酒をいただくことができました。

わわわ。

透明感があり、雑味がなく、ひねかんもまったくない、とても綺麗な味。熟した黄葡萄の味わい、きれいな酸が貴腐ワインを思わせ、ああ。試食でありました酒粕クリームチーズとマリアージュ。昼からいただくには贅沢で官能的な味わいでした。

浦霞に山廃木桶仕込みがあったとは!と驚嘆したり、その燗までいただけてしまうとはと感動したり。

日本酒カクテル呑みながら、にほんしゅさんの漫才きいたりと、ほんと愉しい日本酒祭。

寒ければ寒いほどお燗が美味しくかんじられるはとご機嫌。

ずわい蟹のクリーム最中とのマリアージュはとろけます。

お酒は日本全国津々浦々から酔いのがきておりまして、事前に公式サイトに書かれていない銘柄が多数あり、とても充実しておりました。仕込み水ののみくらべ、なんてマニアックなこともできました。

SAKE佳人でもある日本酒スペシャリストな律子様とあおい有紀様による、必見の日本酒美容トークショーもあり、なんとも贅沢、かつ愉しい日本酒フェスでした。


3月にもまたありますので、今回逃した方は是非次回。


そして明後日のクリスマスイブは日本酒で乾杯!ういー。

kajin15

TOKYO SYUTOKEN TOHOKU KOUCHI

日本酒ナビゲーター,お燗名人,酔画師

酔いどれんぬ

好きな日本酒の銘柄:文佳人、萩の鶴、土佐しらぎく、安芸虎、乾坤一

秋田の母と京都の父の間に生まれ、米処宮城で育った生粋の日本酒好き。

作って呑んで、旅して呑んでをモットーに、肴を作って呑む日々。カフェで日本酒、肴を提案する傍ら、現在楽天レシピの公式アンバサダーとしておつまみ名人担当。作成肴レシピ数3000超。簡単居酒屋、バル料理はもちろん燻製料理も作成。

日本酒って美味しいだけではなく、楽しいをモットーに日本中を旅して新しい魅力を発見。呑んで描く、酔画師の一面も。

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top