ノーベル賞晩餐会の日本酒で乾杯!

2015.12.15

ああ今年もノーベル賞を逃したわ、、、のーめる賞なら受賞間違いなしなのにね。。。うい~。っとこんにちは。

ノーベル賞といいますと、先日ニュースを見ておりましたら、授賞式晩餐会のメニューが紹介されておりました。うわ~のメニューに朝から垂涎していると、、、、あら、ま!晩餐会に日本酒が供されるんですね。



うわ~呑んでみたい。何せノーベル賞よ、晩餐会よ。かんかんかんかん晩餐館、焼肉焼いても家焼くな。くらいしか縁がないわよ。……え?古すぎてわからない?……平成生まれの子たちはお父さんお母さんにきいてね。



そこはそれ。。。




ああ呑みたいと思っていたら、おお!今週土曜日開催の日本酒イベント、「和酒フェス」で呑むことができるっ。



http://sakefes.com/



こちら11月でしたでしょうか、に開催されたイベントの第二弾。前回は旅行で行くことができなかったので、今回は念願かなっての参戦となります。3000円でノーベル賞のお酒、神戸酒心館さんの福寿純米吟醸を呑むことができれば、限定の大吟醸酒、梅の宿のスパークリングや日本酒カクテル、ホットカクテル、はたまた燗酒など100種類以上しこたま呑むことができるというご機嫌なイベント。京都旅行の時にお邪魔した白鹿の「おづ」もいらしていて、日本酒と和菓子のマリアージュを提供してくださるとのこと。出店もでていれば日テレマルシェも同時開催されているので、、、帰りは野菜を両手に抱えてほうほうのていになっている自分の姿が目に浮かびます。。。

蔵元さんとも実際に会うことができれば、和太鼓などステージも楽しめ、ライトアップも見ることができるという、、、いたれりつくせりのイベント。酒佳人の律子様も出演されていらっしゃいます!
さらに、クリスマスにちなんだものを身に着けていくと、プレゼントがもらえるそうな。


トナカイの鼻をつけている年増がいたらそれはわたくしです(嘘)。一部に参戦いたしますので、お会いするかたはよろしくお願いいたします。

kajin15

TOKYO SYUTOKEN TOHOKU KOUCHI

日本酒ナビゲーター,お燗名人,酔画師

酔いどれんぬ

好きな日本酒の銘柄:文佳人、萩の鶴、土佐しらぎく、安芸虎、乾坤一

秋田の母と京都の父の間に生まれ、米処宮城で育った生粋の日本酒好き。

作って呑んで、旅して呑んでをモットーに、肴を作って呑む日々。カフェで日本酒、肴を提案する傍ら、現在楽天レシピの公式アンバサダーとしておつまみ名人担当。作成肴レシピ数3000超。簡単居酒屋、バル料理はもちろん燻製料理も作成。

日本酒って美味しいだけではなく、楽しいをモットーに日本中を旅して新しい魅力を発見。呑んで描く、酔画師の一面も。

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top