黄葉見SAKE 2015 さっそく行ってきました

2015.11.24

今日から靖国神社で『黄葉見SAKE(こよみさけ) 2015』が開催されています。

このイベントは千代田区の観光協会が主催しているイベントです。

『秋の夜長、”黄金色”にライトアップされた、幻想的なイチョウを愛でながら、全国200蔵以上の酒蔵から集まった、大切な土地の地酒を、選び、味わい、感動する。

「和食」と「日本酒」、郷土の味と出会う楽しさがここにある。東京の真ん中千代田区から、日本の恵みに感謝する5日間。』

ということで、さっそく行ってきました☆

-------------------

こちらのイベント、当日券が2000円(日本酒5杯)で購入できます。

まずはチケットを見せ、トレイ・案内MAP・おちょこ2つと交換します。

好きなお酒を選び、5杯まで飲めるのですが。。。

なんと、200蔵のお酒が集結!なななんと、日本酒276種類から好きなお酒を選べます!

知っている銘柄を選ぶもよし、知らない銘柄を選ぶもよしです。

ご友人と一緒に行って、いろいろ飲み比べるのも楽しいですね☆

周りには物産テントがあり、食事を購入することができ、まるでお祭り屋台のような雰囲気です。

子供のころと同じように、ポケットに小銭を忍ばせ、屋台巡りです。


全国の地ビールや、山梨のワイナリーも来てますので、日本酒苦手な方でも楽しめます☆

カニ汁、お出汁がしっかり出てて、少し肌寒い秋の屋外にはぴったりでした。

アユの塩焼きもダイナミックに展開中。

牛すじ煮込みも、トロットロで幸せでした。

チケットを持っていなくても食事は購入できるので、お子様連れの方や、靖国神社観光の方もお食事をしていらっしゃいました。

「お酒が5杯じゃ足りないわ」という方のために(?)日本酒をキャッシュで購入して飲むこともできます。

ワンコインで済む手軽さは魅力ですね。

黄金色のイチョウにはすこし早かったですが、穏やかな天気の中で楽しむことができました。

道の両サイドの大きなイチョウの木は圧巻です。


奥のほうへ行くとテーブル席があるのですが、たまたま隣に座った人同士で仲良くなれるのも、同じ雰囲気を味わっていてこそです。

余談ではありますが、靖国神社の本殿の入り口に『全国靖國献酒』が飾ってありました。

日本の歴史あるところに、日本酒があるんだな。と、改めて考えさせられました。

11月28日まで開催しています。

最終日の28日には蔵元さまと女性ジャーナリストのトークイベントもあるそうです。

ぜひ一度遊びに行ってみてください☆

kajin19

TOKYO

酒飲み、利酒師、焼酎利酒師

今井志緒里

好きな日本酒の銘柄:羽根屋、七賢

岐阜県出身。 高校卒業後、東京農業大学 醸造科学科へ進学。 在学中、日本酒への興味が湧き、大学卒業後は大手日本酒販売店へ就職。 転職により日本酒の業界から離れたことで「やはり自分の住む世界は日本酒の世界だ」と認識。 現在は利酒師、焼酎利酒師として日本酒と食に関しての事はもちろん、飲酒をする方の健康面に関してのイベントや情報も発信する。 『まず、日本酒に触れてみる。 学問として発酵を学んできた人間としての視点から そんなきっかけづくりをしていきたいと日々感じています。』

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top