日本酒 × 和菓子 @ なごや・やっとかめ文化祭

2015.11.6

名古屋と言えばものづくり。世界のトヨタ自動車や関連企業のイメージが強く、産業の街だという感覚の人が多いと思いますが、実は、お酒もつくっています。

先日、名古屋の街中を舞台とする祭典、やっとかめ文化祭(注1)において「まちなか寺子屋・なごやの酒蔵を知る」というイベントが開催されました。地酒を美味しく・楽しく紐解いていく学びの場となったのは金虎酒造さん。

なごや朝大学(注2)の林大策さんの司会で、金虎酒造の水野社長と水野専務から酒蔵の歴史や、ナゴヤクラウド(注3)についてのご説明の後、私も名古屋のお酒について、ナゴヤクラウドさんのお酒を中心にお話しさせていただきました。

名古屋市内には5件の酒蔵がありますが、新潟、静岡のような、地域的な味わいの類似性はあまりありません。それぞれに面白い程、香味タイプの異なるお酒を醸しています。
あえていうと、名古屋の地酒の特徴は「多様性」でしょうか。淡麗から濃醇まで、その味わいの幅広さは、おそらく他県他市の比ではありません。

それは名古屋がお酒だけでなく、醤油・味噌・酢・みりんなど、ほぼ全ての発酵調味料を生産する一大醸造地であることや、昔から発酵という「複雑な味わい」を得意とし、豆味噌文化など独自の食文化を形成していることに由来しているのかもしれません。

とにかく、名古屋の地酒の「多様性」は、お料理とのマッチングをとても豊かにしてくれます。本当に、きき酒師冥利につきる(笑)、名古屋なのです。
私も初めて来名したときはびっくりしましたが、もはや全国区のマッチングとして有名な「ひつまぶし」や「小倉トースト」。そんな驚きの味わいが名古屋の街中には沢山あります。

その証拠に?この日も最後に驚きのマッチングが。
「一朶」(注4)の伊藤氏が、この日のために作られた渾身の和菓子と、金虎酒造「虎変」の組合せです。

・虎変 大吟醸 × 一朶 豆餅
・虎変 純米吟醸 × 一朶 無花果とクルミの黒糖羊羹

私もいただきましたが、大変勉強になりました。
酒蔵からみた名古屋の歴史、食文化、つくり手の思い、などなど、愛おしいストーリーが沢山つまった「名古屋の酒蔵を知る」。とても素敵な学びの場となりました。


注1:やっとかめ文化祭
名古屋の歴史・文化の自慢を一堂に集めた文化の祭典。まちを舞台にして、市民の力を結集した100を超える多彩なプログラムを展開することにより、都市文化を再生し、その魅力の再発見・発信を図る。【期間】平成27年10月30日(金)~11月23日(月・祝)。
http://yattokame.jp/

注2:なごや朝大学
2013年開講。早朝・出勤前の時間を使い、地域を応援し、社会に対する新たな提案をするための学びの場。
http://n-asadai.jp/

注3:ナゴヤクラウド
名古屋市内の酒蔵の内4社(東春酒造・金虎酒造・神の井酒造・山盛酒造)の若手が結成したグループ。クラウドとは
(1)伝統を支え る情熱を持つ蔵人(くらうど)
(2)その情熱を共にする者達の集い(英語の cloud(群れ)
(3)集いを活かす新しい仕組み(コンピュータ用語のクラウドシステム)
から名付けられた。
https://www.facebook.com/nagoya.cloud/

注4:一朶
名古屋市南区にある和菓子屋。
http://www.ichi-da.com/

kajin30

JAPAN

プロテイスター・料理家 / Sake's Kitchen サケズキッチン

田中順子

好きな日本酒の銘柄:料理とのマッチング次第

プロテイスター・日本酒講師・料理家。
2012年 世界利き酒師コンクール3位入賞。
2013年 名誉利き酒師授章。
NHK文化センター等で日本酒講座を複数担当。
「日本酒を、もっと食卓に」をテーマに、お酒に合う料理教室 Sake’s Kitchen(サケズキッチン)主宰。
「酒 × だし」など、日本酒と和食を軸にした総合的な食のスタイリングに定評がある。
プロテイスターとして、2児の母として、食育事業、農業や水産業を巻き込んだ地域活性事業にも尽力。
愛知県在住。
保有資格:日本酒学講師・酒匠・日本酒品質鑑定士 他

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top