会津SAKEものがたり~その4 榮川酒造さん・磐梯酒造さん・稲川酒造店さん 女性限定イベント@東京~

2015.11.1

会津若松の蔵元さんとの女性限定イベント@東京第4回「あいづき」に参加してきました♪

楽しかったー!このイベントの参加者は「女性限定」なのですが、1人で参加していらっしゃる女性も多く、すぐに意気投合して盛り上がりまくりの楽しいイベントなのです☆「1人で行って話し相手もいなくて浮いちゃう・・・日本酒のことよく知らないし参加しにくいな・・・」なんてことが無いとってもフレンドリーな企画。しかも蔵元さんに直接お酒のことを教えてもらえるので、お酒がもっともっと好きになってしまいます^^

さてさて、今回は榮川酒造さん、磐梯酒造さん、稲川酒造店さんの3社がいらっしゃってました。
★榮川酒造さん★<写真左上>
磐梯山の麓、標高500メートルのところにある蔵です。「日本名水百選」の1つ「磐梯西山麓湧水群」の水を仕込み水として使っているそうです!
今回は榮川の最高峰大吟醸「純米大吟醸榮四郎」と「榮川 特別純米酒」をいただきました。「純米大吟醸榮四郎」はさらりと飲みやすく、テーブルでも皆さん何杯も繰り返し飲んでいて大人気♪とにかく美味しかったー。
宮森優治社長から「榮川のお酒はどちらかというと、とんがらない、個性を強く出さないお酒。つまり、長く飲み続けたいお酒というのが特徴」とのお話をいただきました。お話を聞きながら飲むと「なるほどなぁ」とついつい飲み続けてしまいました♪
★磐梯酒造さん★<写真左下>
磐梯山の地下伏流水を仕込み水として使い、地元の原料にこだわり、地域に根差した酒造りをされている蔵。今回は「磐梯山 特別純米酒」と「会津桜(写真で社長が持っているピンク色のお酒)」をいただきました。「会津桜」は本当に透き通ったピンク色で「さくらんぼ?!」と思ったのですが、なんと会津産の「古代米」を使用してつくっていて、ピンクの色は古代米に含まれるアントシアニン系の天然色素だそうです。甘口でなんだかブルーベリーのような香りがしてさっぱりしていて大好きになりました!鉄分やマグネシウムなどのミネラル分やビタミンB1、B2などを含む健康酒とのことで、さらに嬉しい。会津に行かないと手に入らないかも?!
桑原大社長が「目標は飲んだ人が夢を語れるお酒をつくること」と話していて、その熱い想いでお酒がさらに美味しく楽しくなりました。
★稲川酒造店さん★<写真右上>
会津の米を「稲」、磐梯山の伏流水を「川」と表現し、「稲川酒造店」と名付けられた猪苗代にある蔵。
冒頭挨拶から「ハッピーハロウィン!!トリックオアトリート!」と塩谷隆一郎社長が会場を和ませていて大人気!今回は「七重郎(黒ラベル)純米大吟醸無濾過原酒」と「七重郎(白ラベル)純米大吟醸無濾過原酒」をいただきました。白ラベルは、まるで白ワインみたいな滑らかなお酒でこれは女性も飲みやすいお酒だなぁ、と美味しくいただきました。「無濾過って何?!」とか「原酒って何?!」というような参加者からの質問にも丁寧に答えて頂き、皆大満足♪

皆さんも会津のお酒、ぜひ飲んでみてください^^

bijin45

Japan

CEO

小林味愛 [ No.0045 ]

好きな日本酒の銘柄:福島のお酒♥

東京都出身の30代。 現在は会社を経営。 プライベートでは日本酒を趣味で楽しんでおります。 「乾杯」は絶対に日本酒!! 日本酒をこよなく愛する日本酒ファンです(^^) 色んな地域に行って、そこで地元のお酒を飲むのが大好き❤ やっぱり、東京では飲めないお酒も多いので、実際に行って色んな日本酒の世界を堪能したいなぁ、と思う今日この頃。 日本酒を飲むようになったのは、福島で美味しいお酒と出会ったことがきっかけ。 今では冷蔵庫に一升瓶が無い日はないです。 日本酒で語り合える世界をつくりだしてくれている蔵元さんや蔵人、そして生産者の皆さんに感謝(о´∀`о)

このSAKE美人の他の記事を見る
Page Top