きき猪口活用法

2015.10.13

先日、毎年花やしきで開催される「茨城地酒まつりin花やしき」に参加してきました。

農大で同期だった友人が、蔵元として参加してたのでご挨拶もかねて☆

ところで、酒の会や試飲会に行くと、小さなきき猪口を頂くことが多いと思います。

参加すればするほど増えていくきき猪口。

可愛いし、記念の品なので捨てるわけにもいかず、なんとなく保管している方も多いのではないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーー

そんなきき猪口で、蒸しパンを作ってみませんか?

作り方は簡単。

ホットケーキミックスと、アクセントになる食材を合わせて蒸すだけ。

今回はひやおろしにあわせて、サツマイモで作りました。

個人的なオススメは、生地に酒粕を練りこみ、中にあんこを加えた蒸しパン。

お茶うけにも、お酒のお供にもぴったりです。

ーーーーーーーーーーーーー

おうちで困っているきき猪口。

こんな活用法はいかがでしょうか?

今宵も良い日本酒を☆

kajin19

TOKYO

酒飲み、利酒師、焼酎利酒師

今井志緒里

好きな日本酒の銘柄:羽根屋、七賢

岐阜県出身。 高校卒業後、東京農業大学 醸造科学科へ進学。 在学中、日本酒への興味が湧き、大学卒業後は大手日本酒販売店へ就職。 転職により日本酒の業界から離れたことで「やはり自分の住む世界は日本酒の世界だ」と認識。 現在は利酒師、焼酎利酒師として日本酒と食に関しての事はもちろん、飲酒をする方の健康面に関してのイベントや情報も発信する。 『まず、日本酒に触れてみる。 学問として発酵を学んできた人間としての視点から そんなきっかけづくりをしていきたいと日々感じています。』

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top