わくわくスイッチ。

2015.10.7

女性がお店とお酒を覚えていく方法は、今だに原始的。


” 男 ” そうでしょ?

明確に言うとそれだけとも言えないパターンは山ほどあるし、
私みたいに ただただお酒が好きで探求してしまう人だっている。

お酒に詳しいからって男に詳しいとも言えないのだけど、
例えばデートに行って、
中央区周辺のホテルのBARじゃなくて、
世田谷区の路地裏に入り込んだ小さな飲み屋だけど、
絶妙に気の利いたお通しと
ぴったりのお酒を出してくれるようなお店を知っていた方が嫉妬するでしょ?

「きっと前のひと(恋人)がこういうところに来る人だったのかなぁ..」って。

でも大丈夫。

美味しいお酒といい感じのお店を教えてくれた元恋人がいる人だったとしても、

そのおかげで今は自分がその人と、
素敵なお酒と未来を堪能することができるんだから。


いいお酒といいお店を知っている経験値は「文化」である。
「文化」を知った時点でそれが自分の感性になり、
自分の一部になり、自分を創り上げる。

女にとっても。男にとっても。


連れてる女性が変わっても、
いつも同じお店でいつものお酒を飲み続けてる多くの男性に比べると、
女の方が全てがガラッと変わるんじゃないかな。

付き合う男性によっても変わり、別れても変わり、
別人みたいに変貌も可能。

そうなるか、ならないかは 自分次第だけど。

そう。
「文化」は減らないし、
現実世界にいい味付けを施してくれる。


だから前の恋人に嫉妬したりする必要なんて、
これっぽっちも無いのだ。


最近、1年前の自分からは想像もつかないようなライフスタイルになって
全ての価値基準が大きく変化した。


注文してみようと思うお酒、行こうと思うお店も大きく変わった。
取り組んでみようと思う仕事とそれに必要な要素も、
やりたいプライベートの内容も取り囲む環境も。

自分の6SENSE(言葉では説明がしにくい第六感)に
絶対的に従うこと。

全ての基準はそこである。

わくわくするか?しないか?
それだけ。

わくわくすることってとても重要で、〜しなきゃ!とか〜すべき!とか義務感だけでは頑張りが続かない。
そもそもしたくないんだもの。
しばらくは頑張れても長く頑張れない。
わくわくしないものをしなきゃいけない時は、できるだけ楽しく取り組めるように環境を作る。

自分によく問い正してみて、何が欲しくてどうしたいのか?
そうやって本当に欲しいものを追求して生きることにすると迷わないし、
時間の経過を楽しめるようになるから女性にはオススメする。

私は敏感な方だからこのやり方は性に合っていて、
わくわくの未来のためなら我慢や努力も前向きに取り組める。



お酒って美味しいよ!って言われても、
全く興味の持てないものを口にしてお金を払うなんて無駄だ!
まさに酒離れのゆとり世代の子はこんな心境なんじゃないかな?


でも興味のスイッチって男が押してくれるだけではないのだ。


自分の6SENSEのレーダーをフル回転させながら、
興味のスイッチを押してくれるいい環境に自分を連れてってあげること。

それを押してくれる人はまた
その人自身もわくわくスイッチONの人なのだ。


「ここなんだよね。」
友達が先導してくれたそのお店は
いつも行き慣れた街の小道を、ちょこちょこ歩いて行った奥にある。
オシャレな人が住んでいそうなビルの中にあって、誰かのおうちみたいで一見お店だってわからない。

こんな処にお店があるのかしら..
ごめん、ちょっとだけ怪しい。正直そう思ってしまった。
でもこういうなんだか謎めいた扉を開くのは大好き。

外観の素っ気なさとは対照的に、中に入ると
どこかアットホームな感じの空気が漂っていて、
打ちっ放しのコンクリートのひんやり感といい具合に調和している。

若いお兄さんが二人カウンターの中にいて、一人は隅っこで何かを焼いているようだ。

焼き鳥?!この雰囲気で焼き鳥を??

ウッドカウンターに出されたメニューを見ると
けっこうシブめの季節のものを使ったおすすめが用意されていて、
居酒屋っぽくも飲めるけど、焼き鳥以外にも食材にこだわっていて日本酒ちょこちょこもいけそうな感じ。

もちろん普通にBARとしてハイチェアに腰掛けていても大丈夫そう。
カウンターの中の焼き鳥を焼いていない方のお兄さんは、まだ若いのにオーナーさんなのだそう。

のちにそのオーナーさんがちょっと気の利いたお酒を出してくれることで、
私のスイッチが押されることになるのだが。




彼は金沢の出身で、そちらの方もお店を出店されていて
お店にも金沢の方が多く来店していた。

地元という観念がゼロの私にとって、
全く未知の世界に見えるそれは
よく地方の出身の人が語る地元愛ほど鋭角的ではなく、
程よいバランスを保っているように見えた。

そのように見えたのか、そのようにしているのか真相は不明だが
間違いないことは、その人自身がちゃんとシンプルにお酒を料理を好きなんだなっていうこと。

そして何より金沢の文化を新しい形で楽しめるツールをいつも探している。
自分の中のわくわくスイッチONの状態で、
お酒の楽しみ方をまず自分が感じてお店をやっているんだな、ということだ。


能登の塩を使って地酒にブレンドしレモン果汁で整えてあるそのお酒は、
そのままでもいいしリキュールとしても。


「ちょっと変わった飲み方があるんですよ。」

と言って作ってくれたカクテルは、
能登塩のリキュールを使ってトマトと唐辛子とレモンと何かが混ざった新鮮な味がして、
とてもシンフォニックだった。

金沢の新しいお酒の歩みと共に、

毎回面白い「発見」のある何かを提案してくれるお店。

「こういうのを色々考えるのが本当に好きなんです。」

そう言ったのは
彼自身が楽しんでお酒を提供していることで、
そこに来るお客さんがHAPPYになるんだということを物語っていた。

結局その日は、金沢の美味しい日本酒のみならずワインや色んなオススメ頂いてしまい、
日本酒ではない方のちっちゃいグラスのお酒(shot)までいただくという、
遊びゴコロにもちゃんと対応していただけるユーモアも兼ね備え。



わくわくしないことをしなきゃいけない日は、
お気に入りの靴を履いてスイッチを押してくれるお店に行ってみて。

新しい「発見」を教えてくれるお店でも


女は変われる。





●Cambio APT●

東京都渋谷区恵比寿西1-14-6 HAGIWARA BLDG 6F
050-5265-8100

= 能登塩リキュール
= 加賀の紅茶のお酒
= 金沢ゆわく 柚子と生姜のお酒
= 加賀の紅ほっぺのお酒

 (やちや酒造株式会社)

bijin30

TOKYO

代表取締役 / 株式会社 5TOKYO

野口万紀子 [ No.0030 ]

好きな日本酒の銘柄:ロ万・鍋島・手取川・北光・達磨正宗

<株式会社 5TOKYO 代表取締役 / クリエイティブディレクター / コラムニスト>

【取得資格】
SSI認定 唎酒師
WSET LEVEL1 AWARD IN SAKE
SSI認定 日本酒ナビゲーター
日本野菜ソムリエ協会認定 パーティースタイリスト

【プロフィール】
東京都目黒区生まれ。女子美術短期大学卒業。モデル、芸能活動後、外資系アパレルブランド、融資コンサル会社等での経験を経て、ライター業に転身。その後、株式会社 5TOKYOを設立。『日本酒 × ファッション・アート・音楽』をテーマに、日本の伝統とトレンドを「5感」で繋げる日本文化の楽しみ方を提案。ソーシャルメディア「SAKE美人」「HANA美人」キュレーター。和酒フェス公認 和酒アンバサダー。

このSAKE美人の他の記事を見る
Page Top