【酒肴レシピ】鶏もも肉の治部煮

2015.9.5

今年は残暑に苦しむことなく、すっかり肌寒くなってきましたね。


秋が近づいてくると、ほっこりとした、温かくて優しい味が恋しくなりませんか??


今回は、石川県の郷土料理である鴨の治部煮をお手本にした、身近な鶏もも肉で作れるアレンジレシピをご紹介します!


ベースとなる出汁は、昆布・干し椎茸、鰹節。
ただ、3種の出汁を取るのは手間的にハードルが高いので、今回は鰹節は白だしで代用しました。
楽しく料理を作るためには程よく手を抜くことも大切、というのがわたしの(都合のいい)持論です。笑


今回の味付けのキモはズバリ干し椎茸なので、干し椎茸にしっかり働いてもらい、あとはその軸に寄り沿うよう味を足していけば、自然に味がまとまってくれます。

料理・スタイリング : 平井遥
写真 : 瀬野芙美香

【材料】 (作りやすい分量)
・鶏もも肉 ・・・1枚
・ほうれん草(茹でたもの) ・・・適量
・干し椎茸 ・・・2個
・麸(小さいもの) ・・・10~15個程度
・昆布 ・・・10g程度
・片栗粉 ・・・適量
・わさび ・・・適量

A酒 ・・・100ml
みりん ・・・50ml
醤油 ・・・50ml
白だし ・・・50ml

B人参(1cm厚さの輪切り) ・・・小さめ1本分
塩 ・・・ひとつまみ
水 ・・・大さじ1
※人参はお好みで梅型などに抜くと可愛く仕上がります♪

<下準備>
ⅰ.昆布と干し椎茸は600mlの水に30分以上浸しておく。
ⅱ.Bを耐熱容器に入れ、500Wの電子レンジで3~4分程、ある程度柔らかくなるまで温める。
ⅲ.お麸は水で戻しておく。

【作り方】
1.下準備ⅰを火にかける。
沸くまでの間に鶏肉を大きめ一口大のぶつ切りに切っておく。
2.沸騰直前で昆布を取り出し、干ししいたけを3分煮出して取り出し、鍋にAの材料を入れる。(干し椎茸は粗熱が取れたら食べやすい大きさに切る。)
3.再び沸いて煮立ったところに、1の鶏肉に片栗粉をまぶして入れ、肉の表面に火が通ったら、下準備ⅱの人参・下準備ⅲの麸、干し椎茸を入れ、ずらして蓋をし弱火で5分~8分程度煮る。
4.3を器に盛り、茹でたほうれん草とわさびを添えて頂く。



ポイント①
鶏は鍋に入れる直前に片栗粉をまぶして下さい。早めにまぶしてしまうと、肉の水分で片栗粉が固まりダマになりやすいです。

ちなみに鶏肉に片栗粉をまぶす効果として、肉の水分が抜けずジューシーに仕上がるだけでなく、味も絡みやすくなり、何より上品なとろみがつきます♫


ポイント②
煮る時は、弱火ながらもクツクツなるよう煮てください。お酒、みりんのアルコールを飛ばし、こっくりと仕上がる&片栗粉のとろみをつけるという効果が有ります。


ポイント③
人参には時短テクを活用しました!砂糖とちょっぴり塩で下味を付けることで、煮る時間が短くてもしっかりと味に馴染んでくれます。



そしてこの料理に合わせたいのは、会津娘さんのお燗といったところでしょうか。

お燗にしてこそ本領を発揮する力強さを持つ、滋味豊かな純米酒です。


「熱燗って、辛いお酒を飲みやすくするためのものでしょ?」なんてイメージをお持ちの方は、是非一度飲んでみて下さい。


お燗にすることで花開く香り、旨味、ふくよかさに驚くことでしょう。

kajin09

TOKYO

フードコーディネーター

真野遥

好きな日本酒の銘柄:丹沢山、風の森、若波、伯楽星、日高見、早瀬浦、会津娘、天狗舞、天の戸、不老泉etc

お酒大好きフードコーディネーター。 祐成陽子クッキングアートセミナー卒業。 最近のテーマである「出汁と日本酒」を基軸に、レシピ提案やフードコーディネート、ケータリング等で活動中。 有楽町の「后バー有楽」月曜女将。 まだまだ勉強中の身ではありますが、日本酒の魅力や食器・酒器、日本酒に合うの料理のレシピなどを沢山ご紹介していけたらと思います!

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top