【うちバルのススメ】フルーツマミで美味しく呑んで綺麗になろう

2015.8.24

今日も今日とて酔いどれて。うい~。まだまだ暑い昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか?夏バテになっておりませんか?わたくしは夏バテどころか夏太りしそうな勢いですが、、、そこはそれ。。。

夏から秋にかけてはフルーツが美味しく、そんな美味しいフルーツを使ったお酒にあうフルーツマミを本日はご紹介。旬のフルーツはビタミン、食物繊維たっぷりでまさに食べる美容液。

まずは、ジューシーな桃を使った桃のヴィシソワーズ。乳製品不使用なので低カロリー。

http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1990030360/

楽天レシピに投稿しておりますのでご参照ください。


つづきましても桃を使った冷製スープ。夏といえば

ガスパチョ。桃と冷凍しておいたトマトをミキサーでがーっとするだけ。セロリ、EXヴァージンオリーブオイル、塩少々で味を調えます。

フルーティーでプラムのような味わいの夏の疾風と合わせてご機嫌。お肌もご機嫌になる呑む美酔う液。

しゅわっと福島大和川酒造の珠泡に合わせるのは桃と豆腐、トマトのカプレーゼ。かけるソースは大葉で作ったジェノベーゼソース。にんにくは入れずに仕上げるのがさわやかさのポイント。

こちらの白和えは、なんとバナナ。バナナとアボカドを、豆腐、酒粕、塩、黒胡椒の和え衣で和えるだけ。

クリーミーかつ程よい甘みで萩の鶴のきゅっとした柑橘を思わせる酸や熟した黄色ぶどうを思わせるジューシーな味わいとご機嫌。バナナのビタミン、食物繊維でお肌も腸もご機嫌です。

そしてこちらもバナナを使って。

バナナ、ブルーチーズを使って炊飯器で簡単に焼けちゃうスフレ。バナナの甘みのある至と合わせてご機嫌でした。

最後は火を使わずに切るだけでできてします無花果のマスカルポーネチーズがけ。蜂蜜、クルミを添えれば白ブドウの酸と味わい、ミネラル感が心地よく広がる文佳人リズールとマリアージュ。
無花果はペプチンが豊富で美肌、アンチエイジング効果があるのですよね。

これらのレシピは楽天レシピに「酔いどれんぬ」で投稿しておりますのでぜひお試しあれ。

フルーつまみで夏で疲れたお肌にチャージ。今日も今日とて酔い酒呑んできれいになりましょう。

ご機嫌酔う、さ酔うなら。うい~。

kajin15

TOKYO SYUTOKEN TOHOKU KOUCHI

日本酒ナビゲーター,お燗名人,酔画師

酔いどれんぬ

好きな日本酒の銘柄:文佳人、萩の鶴、土佐しらぎく、安芸虎、乾坤一

秋田の母と京都の父の間に生まれ、米処宮城で育った生粋の日本酒好き。

作って呑んで、旅して呑んでをモットーに、肴を作って呑む日々。カフェで日本酒、肴を提案する傍ら、現在楽天レシピの公式アンバサダーとしておつまみ名人担当。作成肴レシピ数3000超。簡単居酒屋、バル料理はもちろん燻製料理も作成。

日本酒って美味しいだけではなく、楽しいをモットーに日本中を旅して新しい魅力を発見。呑んで描く、酔画師の一面も。

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top