おうちで簡単に、自家製燻製と、燻つまのススメ

2015.8.1

今日も暑いですね。暑いときはさっぱりした料理もそうですが、スパイシーな料理も食べたくなるものです。カレーも酔いですが、ぴりっとスパイスの効いた燻製も夏つまとしてお勧めです。

燻製というと、チーズ、卵、ベーコン、いぶりがっこ?くらいと思っているそこの貴女!……燻製器を買うと、めくるめく燻製の世界の扉が開かれてしまいます。お、恐ろしい程に酒がすすむ。。。そんな魅惑の燻つまを本日はご紹介。

まずは鯖の燻製リエット、ポーチドエッグのせ。とろ~んとした黄身が燻製にされた濃厚な鯖のリエットに絡んで、、、そこに山廃系の酸とスパイス感を合わせる至福。
萩野酒造の夏の日輪田はひまわりラベルで目にも嬉しい夏休み。

「鯖の燻製リエット」

<材料>
鯖 半身、玉ねぎ1/4個、EXヴァージンオリーブオイル大匙1杯、酒粕大匙1杯、塩、黒胡椒少々、日本酒大匙2杯、桜チップ大匙1杯

<作り方>
1 鯖は生のものを使い、酒をまぶし、塩黒胡椒を少々して10分ほどおきます。軽く水気を吹き、イージースモーカーの網にのせます。皮をむいて櫛切りにした玉ねぎものせます。チップを入れ、火にかけます。煙がでてきたらそのまま5分加熱。火を止め、20分ふたを開けずに放置します。

2 蓋をあけ、鯖と玉ねぎをFP又はHMに入れます。酒粕、オイルを加えペースト状にします。塩、胡椒で味を調えたらリエットの完成。

後はセルクルなどで皿に盛り付け、ポーチドエッグを載せてどうぞ。

こちらはカツオを燻製にし、オリーブオイル、唐辛子、ローリエ、にんにく、塩と漬け込んだもの。
これを作っておけばパスタに絡めたり、塩焼きそばにしたり、はたまたバゲットにのせてカナッペ風に楽しんでとご機嫌。

鰹を生風の燻製に仕上げるこつは鰹をあらかじめ冷凍しておくこと。冷凍した鰹を3分燻製にして急冷。
生鰹燻製をサラダ仕立てにした洋風寿司。酢飯はバルサミコ酢で洋風にし、アボカドと鰹を盛り付けたらごま油、塩、黒胡椒で味付けしたかいわれを散らして。

冷酒、酒カク、酒ロックが進む一品です。

ずぼらさんにもお勧めな燻つまはシーチキンを缶詰ごと燻製にしたもの。作り方は簡単、シーチキンを油ぎりし、そこにとろけるチーズをのせ、塩、黒胡椒。
あとは燻製にするだけ。バゲットにつけてスパークリング日本酒をくいっと一杯。うい~。たまりません、止まりません。

と色いろ楽しむことができる自家製燻製。私が使っているイージースモーカーの他、いろいろ出ていますのでぜひお試しあれ。

それでは今日も酔い一日を。ご機嫌酔う、さ酔うなら。

kajin15

TOKYO SYUTOKEN TOHOKU KOUCHI

日本酒ナビゲーター,お燗名人,酔画師

酔いどれんぬ

好きな日本酒の銘柄:文佳人、萩の鶴、土佐しらぎく、安芸虎、乾坤一

秋田の母と京都の父の間に生まれ、米処宮城で育った生粋の日本酒好き。

作って呑んで、旅して呑んでをモットーに、肴を作って呑む日々。カフェで日本酒、肴を提案する傍ら、現在楽天レシピの公式アンバサダーとしておつまみ名人担当。作成肴レシピ数3000超。簡単居酒屋、バル料理はもちろん燻製料理も作成。

日本酒って美味しいだけではなく、楽しいをモットーに日本中を旅して新しい魅力を発見。呑んで描く、酔画師の一面も。

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top