【日本酒フェア2018】大好きな泡酒蔵元の社長に逢えました♡

2018.6.24

前回に続いて「日本酒フェア」リポートです。

私が1○年前、日本酒を好きになるきっかけとなった
泡の日本酒「すず音」

その泡酒を造っている
一ノ蔵酒造の鈴木社長にも
お逢いしてきました!

この日は古酒ブースにて
「MADENA」を自ら振る舞っていらっしゃいました。

泡ではありませんが、
このお酒、「マデイラワイン」の製法を
日本酒に応用し3年以上の熟成させています。

しかも温泉熱で加熱熟成している
非常に面白い古酒なんです。

ブランデーのような色と
デザートワインのような甘み。

まだまだ日本酒の奥深さを
感じさせてくれます。

そして会場でもう一つ嬉しかったことが。

私が大好きな岡山の泡のお酒「泡々酒」を造っている
丸本酒造の社長、丸本さんにも
お逢いできました!!

大好きな泡酒蔵元さんに
囲まれて幸せすぎる…(≧▽≦)

8月に沖縄で
泡酒会の開催を予定しています。

この二つの蔵元さんの
泡酒を愉しんでもらいたいと思っているので
沖縄の方、楽しみにしていて下さいね~♪

kajin45

TOKYO/LONDON/BANKOK

泡酒アンバサダー&ママアナウンサー / Himemama

坂上愛佳

好きな日本酒の銘柄:一ノ蔵すず音/麒麟山/宗玄/手取川/鮎正宗/発泡和酒

東京都出身。通信企業でOLとして勤務中に憧れのアナウンサーの師匠に出逢い、一念発起して退社後、フジテレビアナウンススクールの研修を受ける。 フジテレビにて、リポーターなどを経験し、フリーアナウンサー事務所に所属。アナウンサーとして、リポーター・ナレーション・MC・モデルなど幅広く経験。 結婚後、妊娠中に利き酒師の資格取得と ファイナンシャルプランナーの勉強をし、出産後にアナウンサー事務所独立。 息子を出産後の0歳3か月に、 東京都中央区を拠点にママ応援コミュニティ【Himemama】(ひめまま)を設立。子育て支援の輪は首都圏・新潟・神戸・福岡へと広がり、 タイのバンコクでも展開している。 日本酒の啓蒙活動にも取組み、1日いちぽん、いち泡をモットーに 日本酒では特に発泡和酒、ワインではシャンパンの魅力をお伝えする活動 『美食と美酒のマリアージュ』の会を主宰。 日本酒・ワインに関するコラムも執筆。

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top