【日本酒フェア2018】awa酒協会ブースへ

2018.6.18

日本酒好きにはたまらないイベント
「日本酒フェア2018」に行ってきました!

会場にはたくさんの人が。

私、なんといっても
泡酒アンバサダーということで
まずは我先に
awa酒協会ブースへ!

まるでシャンパンタワーのような
日本酒の泡ボトルたち♡

ブースでは8つの蔵元の
泡の日本酒を
試飲することができました♪

一部をご紹介すると…
永井酒造の
「THE MIZUBASHO PURE」↓↓

スッキリしていて
お食事にも合わせやすい泡です。

続いて、滝澤酒造さんの「菊泉ひとすじ」↓↓

甘味のしっかりした
日本酒が苦手な女性も
好きになりそうな
優しいテイスト。

ラベルが幻想的な
千代むすび酒造さんの
「CHIYOMUSUBI SORAH」↓↓

和製シャンパンという言葉がぴったりの
爽やかな飲み口。

最後は山梨銘醸さんの
「七賢 星ノ輝」↓↓

吟醸のふわっとした香りを楽しめて
でも飲み口はドライです。

七賢さんでは
他に3つの泡を造っていらして
以前、島田律子さんが主催の
七賢さんのイベントで
ウイスキー「白州」の樽に寝かせた
「杜ノ奏」という泡の日本酒を
いただいたことがあります。

泡が3種もあるなんて
それだけ泡に対する想いも
深いのだな、と思いました。

今回のお酒もどちらも
とーっても美味しかった(≧▽≦)

ここ2~3年で様々な蔵で
日本酒の泡のお酒が増えて
とても嬉しいワタクシですが

awa酒協会さんでは
特に厳しい基準を設けていて

◇米、米こうじ及び水のみを使用し、日本酒であること
◇国産米を100%使用し、かつ農産物検査法により3等以上に格付けされた米を原料とするものであること
◇醸造中の自然発酵による炭酸ガスのみを保有していること
◇外観は視覚的に透明であり、抜栓後容器に注いだ時に一筋泡を生じること
◇アルコール分は、10度以上であること
◇ガス圧は20℃で3.5バール(0.35メガパスカル)以上であること

という厳格な基準をクリアした日本酒しか
認定を受けられないことになっています。

しかも、毎年必ず審査があるので
出展していた蔵元さんも
「今年は大丈夫かなーと
 ドキドキしています」と
笑っておっしゃってました。

私も海外の方向けに
お酒のイベントを主宰する際に
泡を呑んでいただくと
ファンがあっという間に増えるなあ、と
実感しています。

「SAKE」に興味がなかった方も
好きになる、そんな力が
泡の日本酒にはあると思います。

そういう意味でも
これからの活躍が楽しみですね!

ご一緒にカメラに映って下さったのは
awa酒協会理事長で永井酒造の
永井則吉さん。

どうもありがとうございました!!






kajin45

TOKYO/LONDON/BANKOK

泡酒アンバサダー&ママアナウンサー / Himemama

坂上愛佳

好きな日本酒の銘柄:一ノ蔵すず音/麒麟山/宗玄/手取川/鮎正宗/発泡和酒

東京都出身。通信企業でOLとして勤務中に憧れのアナウンサーの師匠に出逢い、一念発起して退社後、フジテレビアナウンススクールの研修を受ける。 フジテレビにて、リポーターなどを経験し、フリーアナウンサー事務所に所属。アナウンサーとして、リポーター・ナレーション・MC・モデルなど幅広く経験。 結婚後、妊娠中に利き酒師の資格取得と ファイナンシャルプランナーの勉強をし、出産後にアナウンサー事務所独立。 息子を出産後の0歳3か月に、 東京都中央区を拠点にママ応援コミュニティ【Himemama】(ひめまま)を設立。子育て支援の輪は首都圏・新潟・神戸・福岡へと広がり、 タイのバンコクでも展開している。 日本酒の啓蒙活動にも取組み、1日いちぽん、いち泡をモットーに 日本酒では特に発泡和酒、ワインではシャンパンの魅力をお伝えする活動 『美食と美酒のマリアージュ』の会を主宰。 日本酒・ワインに関するコラムも執筆。

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top