♡東京都酒蔵ツアー♡

2018.2.25

こんにちは(°▽°)♡
いとみゆです🌸

気づいたらこんなにも月日が経っておりました😅
自由気ままな私のブログに気長にお付き合いください😭💦💦

載せたい記事が近々で2つありまして🤔🤔
先に昨日の酒蔵見学の記事を載せますね🌝❤️

未来さんにお誘い受けて酒蔵見学に行きました◎
今回は日本酒好きの先輩方を連れて✨

※この写真は小澤酒造の酒蔵見学後です笑笑
顔が火照ってますw

一言言っておきます。
2蔵見学したのでいつもながら記事長いです。笑

お許しを〜🙏♡
ではスクロールも多くなるのでさっそく酒蔵見学の模様を🌸


今回は東京都の奥多摩地区。
江戸時代には460もの酒蔵があったけれどいまは9蔵しか残っていなく実は最近また1蔵が…涙
ほぼ奥多摩地区に蔵が今は残っています。
貴重な東京都の蔵☘️
小澤酒造と田村酒造場へ蔵見学です( ˆ ˆ )/

ごとんごとんと電車に揺られ奥多摩へ~
天気も良くて暖かい一日でよかった☀️

青梅線【沢井駅】から徒歩5分もかからないところに

小澤酒造ーーーー!!

実は記事かけてませんでしたが去年11月にも小澤酒造には見学に行ってまして(°▽°)!木藤さん主催ので♡

そのときの写真も交えながら進めますね📷

11月と2月。
さわのすけのお召し物が変わっております‥!!🐰

蔵見学まで小一時間ほどあり、ちょっとだけ乾杯🍶
私の大好きな蒼天を🍶💓

バランスも良く後味もあっさりしているため、私はモツ煮と一緒にいただきましたが💦
枝豆とかおつまみもって外で頂くにはぴったりの日本酒です🌸🌸


時間なったので見学へ🐾

元禄15年からあるこの酒蔵は
元禄蔵という300年以上も前の蔵もまだあるんです!!😳
明治蔵とかは多いかと思いますが元禄蔵は珍しい☺️✨
そして多少の補強等はしていますが300年経っているとは思えない丈夫さを感じます◎
土蔵で建物は釘を使わずに建っていると!!
この地域は地震に強い地盤で関東大震災のときは青梅市は死者はいなかったほど。
地盤も強さあるけれど昔の方々の知識と技術も感じました☻
ここは低温で一定を保てる環境が出来ていて夏場でもエアコンなしでも25度を保っているとは昔の方の知識はほんとすごい💫

いつもタンクのところに書いている数字がいまいち理解できていなかったですが
この数字は在庫管理のためでした🙌
酒税法のためにしっかりと管理しているとの事で(・ω・)
まさか40パーセントは税金だなんて…(°▽°)ははは

日本酒造りに使う酒米はすべて使えるんです😊
酒米をお米として食べるのは水分が少ないのでおいしくないですがね🤔

まじまじと玄米からの工程を見るのが久しぶりでした♡
精米した後の玄米糠は家畜の肥料に🐽
白糠はおせんべいや水を加えて糊にしたり🍘
絞った後は酒粕が出ますが甘酒にしたり食べたり、美容パックにしたり…💆
酒造りで出来る副産物はすべてごみにならず使えるのですばらしいなと思いました🌸

今回は桶を見ることが出来ませんでしたが小澤酒造には2つあり、桶で酒造りをすると
野太くパワフルな酒になると味の変化にもロマンを感じると11月に見学にうかがった際に幹夫さんがおっしゃっていました。
桶を使っている蔵は今は100蔵切るそうですね😭

古酒は料理の幅を広げてくれます✨
ただ、まだまだ品質管理やお客様の認知の点で、蔵守を置いている酒屋さんは信頼結んでいるところにしか卸していないとの事でした。
お肉料理や煮物等に合うんですよ〜!😳

小澤酒造には井戸が二つあります◎
この地域は水も豊富で二つの井戸を使っているのが強みだと‥!!
鉄分やマンガンといった不要なものが少なく、有機物もほとんど含まないという仕込み水として要件を高いレベルでクリアしています😊!

こちらの写真は11月に来た時の📷

蔵の井戸はとても神秘的なので皆さんに是非蔵見学をした際に見ていただきたい…🙇‍♀️💓

試飲で頂いたのはこちら↓

【吟醸第一号 新しぼり 生酒】
低温でゆっくり醗酵させる「吟醸造り」で醸した「吟醸」の新酒です☘️
香りは爽やかな果実香でまろやかな口どおりですがキレも良く蒼天と同じ外に持ち出してお花見とかしながら飲みたい一本でした☺️🌸🌸

小澤酒造にきた時からこの蟹さんマークは何だろねと話してたら🦀
水がきれいな証拠として沢蟹をトレードマークにしていると伺いました。
きれいな上流の川でしか生息できない蟹がいたとは…🦀🦀

今回も学びが多いです🤔🤔🤔
お土産に酒粕と絹豆腐買いました♡

美味しいさかまんじゅうも頂きました💓

続いては青梅線から新宿へ帰る電車【福生駅】下車🚉
徒歩10分ほどのところにある田村酒造場へ🐾

嘉泉ーーーー!!!🍶✨
ここは私たちだけの蔵見学で普段見れないところまで見せてくださいました😭❤️
今は16代目になる田村酒造場楽しみです☺️

ここでは主に酒米は
【吟ぎんが】と【山田錦】を使用🌾
吟ぎんがは味に濃くが出るようです◎

酒米に真剣な我ら(°▽°)わら

こちらは200年前の蔵で今は米の保管所になっています!

久しぶりの酒蔵見学で私はいろいろと真剣。わら
吸収吸収吸収ー!!!笑笑

とにかく蔵の中が綺麗!!✨
綺麗に整理整頓されていてお掃除も丁寧に行き届いている印象を受けました🌝

麹米を見せていただき😳

ぱくぱく😬わら
味見させて頂きました!!
ほんのりと甘みを感じました‥💓

ぷちぷち発酵途中のタンクの中も覗かせていただきました◎

鍵がないと入れないんだよね〜と

ゴソゴソ‥
ガサガサ‥

ゴゴゴゴゴー

見せて頂いたのは冷蔵庫でした♡!

非常に寒かった。。

温度管理をし熟成もさせながら熟成を抑えるためにも💫💫
入ってびっくりのマイナス5度の世界でした🙄💦
そりゃ身体の芯まで冷えた訳だ💦💦わら


広い敷地に惚れ惚れ…
ほんと実際に来てこの惚れ惚れを体感してほしい‥💓

いたるところに井戸があり水源がたくさんあるんだなと思っていたら
9代目がたくさん井戸を掘りまくっていたと伺いました😳😳😳わら
その中で大きな井戸がこちらです◎

東京で一番高い山の雲取山の伏流水だそうで、軟水に近い中硬水だそう。
嘉泉という名がついた由来もこの水源と伺いました☺️
こちらを仕込み水として使用していて後ほど頂きました♡

知らなかったのですが日本の名水100泉に実は東京都も2つ名水があるようですよ!!!!
ひとつがこの地域の「御岳渓流(奥多摩)」
もうひとつは「お鷹の道・真姿の池湧水群(国分寺)」

小澤酒造も土蔵造りでしたが田村酒造場も土蔵造りです。
日本酒に大敵なのは【紫外線】です。
紫外線からも守れる事と、
火事に強いという点からいまでも土蔵がいいとの事でした😊

こちらのけや木は2本が長い年月をかけて1本になったパワースポット🌲
右は1000年になるのではないかと言われ直径は7メートル🙄💦

パワー頂いてきました🙇‍♀️❤️

全身でパワーをと抱きついてる人も‥わら


田村酒造の理念は
【和醸良酒】
良い酒は良い和から生まれ、和を生む
年間出荷も多い田村酒造場ですが杜氏含めて4人で酒造りをしていると聞いて
これまたびっくり😳😳😳

展示場にて試飲で頂いたお酒はこちら↓

◎純米吟醸【左】
香り華やかで滑らかな口当たりがいい🍶
◎特別本醸造 幻の酒【右】
口当り柔らかで、後口がしっかりとして食中酒に最適ですね◎
しっかりとした飲み口でうま味あり、後口は引かずあっさりしていました🍶

仕込み水も頂きましたがやはり相性が合う!!
水って大切ですね〜☺️💓

全国新酒鑑評会金賞受賞の逸品
【大吟醸 對鴎】
こちらは1000本しか出荷していない希少酒🍶
フルーティな香りから上品なしあがりと味わいのやわらかさが想像できました◎
記念等で贈りたい一本な日本酒でした( ˆ ˆ )/

私の中のベストオブ田村はこちら↓

【嘉泉 特別純米 東京和醸】
火入れは「瓶燗火入」
するっと綺麗な口どおりに味わいも華やかでキレというかすすすっと口の中から消えて行く感じ🌸🌝
ずっと飲んでいられる一本でした😊
お土産にも今度贈ろうと🙌😕✨✨
こちらはラベルも味も私好みでした🙂

するると試飲🍶

前回の小澤酒造さんに続き、田村酒造場でもほんと隅々まで見学させていただきありがとうございました🙇‍♀️💓

久しぶりの酒蔵見学とーーーーーーても楽しかった( ˆ ˆ )/!!
未来さん
企画の大森さん
一緒に見学行った皆様
ありがとうございました☺️❤️❤️

東京に戻った後は残ったメンバーと時間を忘れ終電近くまで飲んで帰りましたとさ(°▽°)🍶
あっという間の一日でした🐻

帰ってからお味噌汁🙏

小澤酒造の絹豆腐を入れて🙌😊


東京都にいながら小旅行した気分でした🐻💓
東京都の酒蔵制覇したい‥!!
久しぶりの日本酒づくしな1日でした♡

bijin76

TOKYO

organicマニア

いとみゆ [ No.0076 ]

好きな日本酒の銘柄:as if.

2017年も米進! 日本酒極めていきます♡(・∀・)‼︎ 日本酒を通じて出来たご縁をひとつひとつ大切に✩°。⋆ インスタは少しずつ日本酒の事も載せれるようになりました( ´ ▽ ` )ノ

このSAKE美人の最近の記事

2018.2.25 update

♡東京都酒蔵ツアー♡

このSAKE美人の他の記事を見る
Page Top