オシャレに、美味しく飲み比べ♪「日本一の酒処!灘の酒フェスティバル2017 in 銀座」が9月15日、16日開催

2017.8.29

灘五郷酒造組合は神戸市、西宮市と共催で、「日本一の酒処!灘の酒フェスティバル 2017 in 銀座」(略称:灘フェス2017)が時事通信ホール(東京・銀座)で9月15日(金)、16日(土)の2日間開催されます。

「まだ知らない、神戸と西宮で醸された“灘の酒”の魅力を発見!」をテーマに、「大関(おおぜき)」「日本盛(にほんさかり)」「白鷹(はくたか)」をはじめとする17蔵の「灘の酒」を、飲み比べしたり、特設販売ブースで購入も可能とのこと。

知っているようで知らない「灘の酒」の歴史や最新の取り組みまでを伝えるセミナーや、初日の乾杯式では鏡開き、振る舞い酒を予定とのこと。

また、お燗ブース、食と酒器のブースなど、灘の酒によく合う料理、おつまみから、引き立てる酒器などをそろえ、新しい日本酒の飲み方を体感できるようです。
食のブースでは神戸と西宮に本社を持つ食品メーカーが特別協賛し六甲バターのQBBチーズや、ネスレ日本のキットカットなどを配布。日本酒とのマリアージュも楽しめそう。

*灘五郷(なだごごう):兵庫県神戸市、西宮市の海岸寄りにある西郷、御影郷、魚崎郷、西宮郷、今津郷の5つの地域からなる、日本一の生産量を誇る酒処。宮水が湧出し、灘の生一本(きいっぽん)で知られています。

【灘フェス出品酒蔵一覧】(17蔵)
 【大関(おおぜき)】大関
 【日本盛(にほんさかり)】日本盛
 【白鷹(はくたか)】白鷹
 【白鹿(はくしか)】辰馬本家酒造
 【灘一(なだいち)】松竹梅酒造
 【島美人(しまびじん)】北山酒造
 【德若(とくわか】万代大澤醸造
 【沢の鶴(さわのつる)】沢の鶴
 【千代田蔵(ちよだぐら)】太田酒造
 【浜福鶴(はまふくつる)】小山本家酒造
 【櫻正宗(さくらまさむね)】櫻正宗
 【白鶴(はくつる)】白鶴酒造
 【菊正宗(きくまさむね)】菊正宗酒造
 【剣菱(けんびし)】剣菱酒造
 【福寿(ふくじゅ)】神戸酒心館
 【仙介(せんすけ)】泉酒造
 【大黒正宗(だいこくまさむね)】安福又四郎商店
※銘柄名(めいがらめい)、酒蔵名

メインホールでは音楽の生演奏も。初日は和酒コーディネーター・酒サムライ、兵庫県出身のあおい有紀さん司会進行で、ヴァイオリニストの竜馬(Ryoma)さん、2日目は日本酒スタイリスト・タレントの島田律子さんの司会進行で、箏奏者の吉永真奈さんとヴァイオリニストのSong(ソング)さんが登場。
他にも兵庫県出身の日本酒専門漫才コンビ「にほんしゅ」の酒蔵紹介&漫才、ミス日本酒が会場を彩るとのこと。

日本酒初心者の方も上級者の方「灘の酒」の魅力を再発見してみてはいかがですか?

【灘フェス2017開催概要】
日時:
【初日】2017年9月15日(金)19:00~21:30(2.5H)
【2日目】2017年9月16日(土)第1部13:00~15:00(2H)、第2部16:00~18:00(2H)

定員:各部350名、合計1,050名(予定)

場所:時事通信ホール(住所:東京都中央区銀座5-15-8)
アクセス)
 東京メトロ日比谷線・都営浅草線の東銀座駅(6番出口)から徒歩1分
 都営大江戸線築地市場駅(A3出口)から徒歩4分
 東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線の銀座駅から徒歩7分
 JR有楽町駅から徒歩12分

料金:
【初日】前売券:2,500円、当日券:3,000円※
【2日目】前売券:2,000円、当日券:2,500円※
※当日券販売は未定、料理はキャッシュオン、税込

灘五郷酒造組合ホームページ

◆灘フェス・イベント情報は下記でご確認いただけます
『灘フェス2017公式サイト』

『Facebook』

『Twitter』

◆チケットのお求めはこちらから

【PassMarket(パスマーケット)】

【Peatix(ピーティックス)】

Page Top