【泡のお酒を呑みませんか?】宮城の一ノ蔵「すず音」

2017.7.11

初めまして。
泡酒アンバサダーの坂上愛佳です!

SAKE佳人として、これから日本酒に関する記事を
アップしていきますので
末永くお付き合いくださると嬉しいです。

記念すべき初投稿、ということで、
まずは私が日本酒を好きになったきっかけから、お話したいと思います。

実は、私、大学生の頃は日本酒が苦手でした。
というのも、出逢いが最悪だったのです。

学生の飲み会で出てくる日本酒って
「飲み放題で2900円」とかなので、
安価な日本酒ばかり。

しかも、呑み方をまだ知らないので、
一気飲みをしたり他のお酒と混ぜたり
今考えると恐ろしい呑み方しか、してなかったんですよね。。

当然、翌日は二日酔いで撃沈。

『日本酒=二日酔い(悪酔い?)』
のイメージがついてしまっていました。

そんな私が、なぜ今こんなに日本酒が好きになったのか。

きっかけを作ってくれたお酒があったんです。

宮城県一ノ蔵酒造が作っている
泡のお酒【すず音】

社会人になって、会社の先輩に連れて行ってもらった
池袋のとあるお洒落な居酒屋さんで
初めてその味を知りました。

正直なところ、注文した時は
ドキドキだったのだけど
呑んでみたら、優しいお米と酵母の味わいと
シャンパンのような泡の心地よい口当たり。

あっという間に虜になりました。

それ以来、日本酒に興味を持つようになりました。

その頃、流行っていた新潟の吟醸酒から始まり
純米酒は、古酒は・・・と呑み進めていくうちに
「丁寧に造られた日本酒って、本当に美味しいんだなあ」と。

日本酒の魅力に気づかせてくれたのが
発泡和酒なのです。

泡だから、パーティなどの乾杯にも向いているし
優しい味わいだから女性にも受け入れられやすい。

私のように、泡のお酒がきっかけで
日本酒を好きになってくれたら・・

そんな想いで私は今、【泡酒アンバサダー】という名前で
日本酒を女性や海外の方にご紹介する活動をしています。

私が最初にすず音を呑んだ頃は、
まだ発泡和酒の種類はとても少なかったけど
今では、たくさんの蔵元さんから
美味しい泡の日本酒が出ています。

そんな訳でこちらのコラムでは、日本酒の泡のご紹介も
定期的にしていきたいと思います!

ちなみに、今回ご紹介した【すず音】さんは
「ワイングラスで美味しい日本酒アワード」で
2011年に乾杯酒部門を受賞しています。

http://www.finesakeawards.jp/awards2011_2.html

皆さんもぜひ、これから初夏の風が心地良い時期に
日本酒の泡をテラスで呑んでみて下さいね~

kajin45

TOKYO/LONDON/BANKOK

泡酒アンバサダー&ママアナウンサー / Himemama

坂上愛佳

好きな日本酒の銘柄:一ノ蔵すず音/麒麟山/宗玄/手取川/鮎正宗/発泡和酒

東京都出身。通信企業でOLとして勤務中に憧れのアナウンサーの師匠に出逢い、一念発起して退社後、フジテレビアナウンススクールの研修を受ける。 フジテレビにて、リポーターなどを経験し、フリーアナウンサー事務所に所属。アナウンサーとして、リポーター・ナレーション・MC・モデルなど幅広く経験。 結婚後、妊娠中に利き酒師の資格取得と ファイナンシャルプランナーの勉強をし、出産後にアナウンサー事務所独立。 息子を出産後の0歳3か月に、 東京都中央区を拠点にママ応援コミュニティ【Himemama】(ひめまま)を設立。子育て支援の輪は首都圏・新潟・神戸・福岡へと広がり、 タイのバンコクでも展開している。 日本酒の啓蒙活動にも取組み、1日いちぽん、いち泡をモットーに 日本酒では特に発泡和酒、ワインではシャンパンの魅力をお伝えする活動 『美食と美酒のマリアージュ』の会を主宰。 日本酒・ワインに関するコラムも執筆。

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top