読んで、知ろう!深めよ!日本酒にまつわる書籍 vol.1

2015.7.14

飲むのは好きなんだけど。。。日本酒って、難しい説明ばかりでややこしーーー!
もっと知りたいのに、どうやって調べていいか分からないーーー!
漫画や本を見ながら、より深めていきませんか♪

日本酒の漫画と言えば、まず思い出すのはコレですかね〜
ドラマにもなってたんですね!!

<夏子の酒>著者 尾瀬あきら
「幻の酒米を復活させる」ストーリーは、「亀の尾」という酒米品種を酒造家が復活させた事例を参考にして、組み立てられた。
(wikipediaより)

===口コミ===
日本酒に興味あるなら読んで後悔なし。日本酒の勉強になりながら、ストーリーにもはまれます。
地酒を見る目も変わります。日本酒を飲みながら、作られた土地、作り手の気持ちに思いを馳せるような。
味わい方に奥行きが生まれます。

まず食べること、飲むことで迷ったらdancyuをぱらぱらと。
最近は日本酒特集をよく見かけますね!

<dancyu>president社

最近は日本酒の特集を組む雑誌も増えて来ました。
再ブームの一歩手前といったところでしょうか。

読み終えた後、とても温かく優しい気持ちにさせられました。
それぞれの背景に物語があり、その物語に心を揺さぶられる日本酒の業界。
日本酒を好きになってよかった、この本を読んでそう思います。
この本に出てくる喜楽長を飲みながら、次はゆっくりゆっくり読もうかな〜

<杜氏という仕事>著者 藤田千恵子 

滋賀の酒「喜楽長」を醸す名杜氏・天保正一(能登杜氏)の半世紀に、日本の酒文化のゆくえを探る。
bijin21

TOKYO

唎酒師・WEBデザイナー

Yuki [ No.0021 ]

好きな日本酒の銘柄:長門峡・Michelle・稼ぎ頭・夢醸・五橋・獺祭

季節やシチュエーションなどバラエティーに富んだ飲み方ができ、
美味しいお食事にそっと寄り添ってくれる、作り手の想いや背景を感じながら、
そんな日本酒がとても好きで、唎酒師を取得しました。

”酒”というと、なんだかルールが多く難しく悪酔いのお酒で、
味や飲み方にうるさく煙たがられるイメージがありそうですが、
おすすめの飲み方はあるものの、美味しいと思うのは千差万別かなとも思います。

様々な角度から多彩な日本酒の一面を引き出して、
楽しく、美味しく、面白く、お洒落な日本酒を伝えていきたいです♡

このSAKE美人の他の記事を見る
Page Top