美容に◎酒粕レシピ -チキンの酒粕味噌焼き編-

2017.4.7

表面はこんがり、中はジューシーでふんわり柔らかな味わいのあるチキン・・・

誰が作っても失敗しない!
超かんたんにできる!
栄養も満点!

三拍子そろったおいしい酒粕レシピ、久しぶりにご紹介いたします。


今回使用したのは、宮坂醸造の「真澄」の酒粕です。

美味しいお酒を生み出しているのだから、酒粕だって美味しいんです。

さて、超簡単レシピの手順です。

①酒粕を同量の水で、火にかけて溶かし、酒粕ペーストを作る。
 例)50gの酒粕:50ccの水

この酒粕ペーストは冷蔵庫で1週間は日持ちします。

甘酒にするもよし、魚や豚肉をつけるもよし、お味噌汁に混ぜるもよし!

②酒粕ペーストの粗熱が取れたら、同量の味噌を入れて混ぜる。

 例)1人前 大匙2の酒粕ペースト:大匙2の味噌

 その中に鶏肉を入れて(ビニール袋に入れればOK)もむ。


③半日~3日くらいつけたら、粕を少し落とし、皮目からフライパンで焼く。

片面をこんがり焼いたら、ひっくり返して蓋をして数分。

注意点は、お味噌と酒粕が焦げやすいので火加減は弱火~中火程度に。

中まで火が通ったら、完成です!

焼くだけなのに必ずジューシーに仕上がります。

そして、酒粕と味噌の効果でお肉がとても柔らかくふっくら。

この日は、たっぷりの山椒をかけた、赤出し味噌で作った豚汁と一緒に。

忙しい毎日にも、前もってお肉をつけておくだけでよいのでもってこい!

とにかくとっても美味しいので、ぜひ試してみて頂きたいレシピです。

ここに合わせるお酒は・・・

せっかく真澄の酒粕を使ったので、やっぱりキンと冷やした真澄の純米吟醸がいいかな!



bijin158

TOKYO/SHONAN

会社員/自由人/唎酒師/ソムリエ

エリー [ No.0158 ]

好きな日本酒の銘柄:吉田蔵U/七賢/陸奥八仙/雪の茅舎 etc

湘南生まれ、湘南育ち。東京都内在住のOLです。 酒好きが高じて、利酒師・国際利酒師・ソムリエの資格を取得。 最近は日本酒伝道師の第一期生を卒業しました。 夢は、大好きなフランスに日本酒を啓蒙すること♡ 日々、食とお酒の活動に邁進しています。

このSAKE美人の他の記事を見る
Page Top