氷点下「-2℃」で新しい日本酒体験ができる新商品”雪どけ酒”『冬単衣』クラウドファンディングサイトの「Makuake」にてプロジェクトが始動!

2017.3.30

埼玉県・石井酒造と特殊な蓄熱技術を持つシャープ発の社内ベンチャー「テキオンラボ」コラボプロジェクト「-2℃で味わう新しい日本酒体験。雪がとけるように味わいが変わる『雪どけ酒』冬単衣」が3月28日(火)クラウドファンディングサイトの「Makuake」にてプロジェクトが始動しました。

このプロジェクトは、シャープの社内ベンチャー「テキオンラボ」が液晶材料の研究で培った・独自開発の「蓄冷材料」を用いた日本酒専用バッグと、「−2℃」の温度で味わう純米吟醸酒・”雪どけ酒”「冬単衣」をMakuake限定で先行販売するプロジェクトとなります。
真夏でも「-2℃」をキープして提供する日本酒は、新しい試み。

-2℃という温度設定により口に含むと体温で温まり、まるで雪が溶けるような味わいの変化を楽しめるという今までにない全く新しい日本酒体験を味わうことがでるとのこと。

「冬単衣(ふゆひとえ)」と名付けられた保冷バッグは、和服の単衣(ひとえ)を連想する上品なデザイン。使用されている蓄冷材料はシャープが液晶の研究で培った技術を応用して開発されたものです。冷凍庫で凍らせることで繰り返し使えるため、日本酒クーラーとしても使用できます。



リターンは、冬単衣と保冷バッグ各1個のセットで「6,600円コース」、各2個セットの「1万1,000円コース」、各6個セットの「3万1,000円コース」(いずれも税込)などが用意されています。


老舗酒蔵と大手企業とのコラボレーションの事例はまだ珍しく、老舗ならではのこだわりと大手企業の持つ技を駆使した新しいサービスの提供に、目標金額100万円は開始数時間後に達成、注目と期待度の高さが伺えますね!

↓詳細はこちらから↓

食事やお酒の味わいは、その温度でガラリと変わります。適温であることは、「おいしい」という感動体験に欠かせない要素なのです。【雪どけ酒 冬単衣】は、作り手が味わってほしいと考えるベストの温度、つまり適温でいただくという愉しみ方もセットになった商品です。ぜひご賞味いただければと思います。
Page Top