Bar Lounge × 日本酒

2017.1.28

神奈川県のBar Lounge ‘Wild Gybe‘にて、日本酒イベントを行いました!

自分でいうのもアレですが、、、大盛況でした☆

普段、バーでお酒を楽しむ方々に、どうしたら日本酒を楽しんでもらえるか。
どうしたら、日本酒の楽しさを知ってもらえるか。

そればかり考えて臨んだ当日ですが、予想以上のお褒めの言葉をいただき、感無量です。

簡単なセミナーは手短に済ませ、実際に飲みながら、わいわい楽しんでいただきました!

☆七賢 スパークリング 山の霞

大学生時代2週間泊まり込みでお世話になりました。酒造りの大変さとやりがいを教えてくれた山梨銘醸。

まず一息いれていただくためにスターターとしてお出ししました。

「いつも最初はビールで、最初から日本酒は飲めないと思ってたけど、これは爽やかで飲みやすい!」
「日本酒あまり得意じゃないと思ってたけど、これ好き!」と絶賛。

普段日本酒をあまり飲まれない方々に、まず頭の中の概念を取っ払ってもらうのにドンピシャでした✨

さすが七賢。頭が下がります。


☆小左衛門 純米吟醸 生酒 初のしぼり

わたしの地元、岐阜のお酒をオンリスト。甘さとフレッシュさのバランスが良く、七賢からスムーズにつながるかなぁとチョイス。

生酒ってなーに?をお伝えしながら、冷たいままサーブ。
カクテル好きなら、好きなんじゃないかなぁと思っていたので、「甘くて美味しい♡」20歳女子から嬉しいお言葉。
みなさま「美味しい美味しい」と評判でした。

そしてバーで冷たいお酒を飲み慣れている方々へ、温めたお酒のご提案。
湯煎で40度につけて、飲む頃には30度ちょいだったかと。これが結構人気で。

少し温めただけでガラッと表情が変わる面白さ、楽しさ、お燗への未知なる抵抗は払えたかなぁと。

☆michico90 純米原酒 27BY

お燗の本領発揮ということでチョイス。まずは冷たいままサーブ。

やはりmichico派の方、小左衛門の方が分かれました。普段あまり甘いお酒を好まれない方には、冷michicoは好評でした。

そして今度は湯煎で50度まで温めてサーブ。評判のいいこといいこと。

「お燗酒嫌いだったけど、これは好き!」その一言が何より嬉しい♡
精米歩合の違いについて、お話しさせていただきました。


☆満寿泉 貴醸酒

少し変わりダネとして。最後にデザート感覚でお出ししました。これがまた好評!

「え?!これ日本酒なの?!」そのリアクション待ってました✨

貴醸酒ってなーに?なんで少し黄色いのー?
方々から飛んでくる質問に、精一杯お答えさせていただきました。

お料理はマスター特製!
・しそ巻き
・鹿、豚、鴨のジビエテリーヌ
・若鶏のテリーヌ
・サーモンとニンジンのテリーヌ
・ピーマン、インゲン、ホウレン草と仔牛のテリーヌ


途中、バーの本領発揮!日本酒モヒートをはさみながら、楽しい会となりました。

「日本酒っておいしい!」その一言がたまらなくうれしいですね。

普段飲まないあの人も、日本酒をすすめてみたらハマっちゃうかも♡
ぜひ、皆さんで楽しんでみてくださいね。

お料理上手なマスターはじめ、素敵なスタッフが揃っている、Wild Gybeの詳細はこちら。

(ぐるなび)

今回のお酒のラインナップは、門前仲町にある折原商店さまで揃えました。

折原商店はこちら。
(HP)

kajin19

TOKYO

酒飲み、利酒師、焼酎利酒師

今井志緒里

好きな日本酒の銘柄:羽根屋、七賢

岐阜県出身。 高校卒業後、東京農業大学 醸造科学科へ進学。 在学中、日本酒への興味が湧き、大学卒業後は大手日本酒販売店へ就職。 転職により日本酒の業界から離れたことで「やはり自分の住む世界は日本酒の世界だ」と認識。 現在は利酒師、焼酎利酒師として日本酒と食に関しての事はもちろん、飲酒をする方の健康面に関してのイベントや情報も発信する。 『まず、日本酒に触れてみる。 学問として発酵を学んできた人間としての視点から そんなきっかけづくりをしていきたいと日々感じています。』

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top