蕎麦と日本酒

2016.8.21

日本酒好きには蕎麦好きが多いと思うのですが、私ももれなくその1人。初めて蕎麦打ちをしてみました。

100%国産の蕎麦粉を使用。このさらさらの状態から水だけを使って作っていきます。

心をこめて(←料理の大切な基本ですね。)一生懸命に練っていくと、しっとりとまとまってきます。

見よ!このお香のようなフォルムとツヤ感!(笑)

ここからは生地を1ミリの厚さを目標に伸ばしていく作業。乾いて生地が割れてしまったり、厚みを均一にするのが難しい。私も苦戦しつつ、でもなんとかうまく伸ばすことができました。

わりと体力を使う作業で、そろそろ、日本酒が飲みたくなる頃。今回は、新潟県の有名なお酒、鶴齢の純米大吟醸を一升瓶で差し入れしてもらいました。全部飲みたーい!

と、日本酒欲をぐっと我慢してもう少し生地に向き合う時間。ここまで生地が大きく、四角くのびてきました。切る作業まであと一息!

綺麗に折りたたみ、あとは好きな細さに切っていきます。

好きな細さといっても、重たくて大きな蕎麦切り包丁を使って、細く切るのは相当難しいのですが。

無言で、無心になって切り続け、やっと切れた!肩凝った!

力尽きて、ゆでる作業は師匠にお任せ(笑)やっとできました。初めてのわりにはなかなかいい出来上がり!

という事で、達成感と満足感の笑顔ですw

ちなみにこちらは師匠がうったもの。私が打ったものと、見た目はさほど遜色ない?でも、口に入れた時の感触が違うんです。プロはやっぱりちがうなー。(当たり前)

ということでこの後は、鶴齢の切れ味をたっぷり堪能しつつ、初の自作のお蕎麦を完食しました。

お蕎麦と日本酒の相性には何か根拠があるのでしょうか?

もう少し極めて上手になって、日本酒×蕎麦打ちパーティーを企画しよう!

bijin158

TOKYO/SHONAN

会社員/自由人/唎酒師/ソムリエ

エリー [ No.0158 ]

好きな日本酒の銘柄:吉田蔵U/七賢/陸奥八仙/雪の茅舎 etc

湘南生まれ、湘南育ち。東京都内在住のOLです。 酒好きが高じて、利酒師・国際利酒師・ソムリエの資格を取得。 最近は日本酒伝道師の第一期生を卒業しました。 夢は、大好きなフランスに日本酒を啓蒙すること♡ 日々、食とお酒の活動に邁進しています。

このSAKE美人の他の記事を見る
Page Top