中田英寿さんプロデュースの日本酒バー “sakenomy” in ミラノ

2015.7.2

ミラノにて中田英寿さんがプロデュースする日本酒バー sakenomyに勝山酒造として参加するためイタリアに行きました(6月17〜25日)。

最高に美味しいイタリア料理とワインがあり、自国のものこそ最高だという誇りをもっているイタリアの方に日本酒を飲んでもらって、解りやすい英語を使い造り手の想いを伝えるのは大変なことだなあと思いました。

飲んでくださった方は美味しいとは言ってくださいますが、日本酒に興味をもったとまでは言えないのかなと感じたのが正直なところです。

http://openers.jp/article/965661

それでも、中田さんのはからいでヴェネツィアの高級ホテル「Aman Canal Grande Hotel(アマンカナルグランデホテル)」にて、作(三重)、美丈夫(高知)、勝山(宮城)、一尚(鹿児島) 4蔵のお酒をそれぞれの皿に使用した特別コースメニューのテイスティングランチをいただいた時は、イタリアの方も、こんな風に日本酒✖️イタリアンを経験したら、日本酒に対する見方かわるだろうなあ、日本酒好きになっちゃうだろうなあ笑と思いました。

>>>>>>

作(三重)、美丈夫(高知)、勝山(宮城)、一尚(鹿児島) の4酒類。美丈夫に合わせた「茄⼦と鱈の天ぷら」や「ヴェネツィアで取れた海と山の幸のフリット」などがアンティパスト(前菜)として出された後、純米吟醸・勝山を使用した「ブラータチーズとキャビアのリゾット純米吟醸勝山の香り」が続きます。その後、純米大吟醸・作とあわせた「和牛とポルチーニ茸のグリル」がメインディッシュとして登場。

コースの最後は、焼酎の一尚とともに、「フォンダンショコラのムースと香草のスポンジケーキのサンドイッチ」で締めくくられます。

http://nakata.net/news/「sakenomy」日本の酒蔵とイタリア⾼級ホテルとの異⾊.html
>>>>>>>

純米吟醸・勝山を使用した「ブラータチーズとキャビアのリゾット純米吟醸勝山の香り」

メインディッシュ は純米大吟醸・作とあわせた「和牛とポルチーニ茸のグリル」

↑一緒にヴェネツィアに行った蔵元様たち。ヴェネツィアの風景がよく似合い、チャラかっこいいです!(笑)
左から美丈夫の濵川さん、焼酎無手無冠の山本さん、焼酎一尚の小牧さん。


取材で、「海外に日本酒を広めるために」というテーマのときに話したのですが、採用されなかったので(笑)ちょっとここに。

海外に迎合して酒をつくるのではなく、そもそも日本酒はイタリアンはもちろんどんな料理にでもあうのだから、その提案や、提供の仕方、そして見せ方を工夫するべきだと思いまして。

ワインが君臨する文化圏の方に話をきき、「白ワインのようにもっと酸味を」「日本酒は度数高すぎ。ワインくらいの度数じゃないと合わない」と言われたから、海外仕様のお酒を作るのは、ある程度ありだと思います。実際、勝山酒造でもフランス人シェフと開発したフランス料理や肉料理と合うような甘口の低アルコール酒「LEI」があります。マスクメロンのような香り。)

程度の問題なのだと思いますが、ワイン基準にワインににせた日本酒を作っていく方向に行くのも安易な気が。

マリアージュなどワイン的に考えるからおかしくなるわけで、日本酒はワインとは別 フレームでみないといけない。ワインの世界観でワインの舞台で日本酒を同等に扱っても見劣りするのだから(ワインのほうが見た目鮮やかで香りも高いですから(ミスユニバースではグラマサラスで背が高くてゴージャスなロングヘアで...がスタンダードですが、それは日本的美でない、のように ))。

↑中田さんの右手に勝山の法被を着た私の背中が若干写り込んでいます(笑)

逆にワインでは不可能だけど、日本酒ではできるフードペアリングをしてみたり、日本酒ほどひろい飲料温度帯をもつお酒は世界中どこにもないのですから、温度帯の違いによる楽しみ方など、日本酒の持ち味が出せる工夫とかあったら良いなあと思いました。

kajin03

NY / JAPAN

蔵元の輸出事業担当 学生日本酒協会代表

Euka Isawa伊澤優花

平成5年生まれ 仙台の蔵元とマレーシアの華僑の母の間に育った3人兄姉妹の真ん中です。

東京大学 経済学部4年

☆利き酒師および国際利き酒師(酒ソムリエ)資格習得

☆酒造技術幹部養成講座・基礎課程修了

☆学生日本酒協会代表(2013年には農林水産大臣賞受賞)

学生日本酒協会では、日本の将来を担う若者達に、文化・教養も含め美味しい日本酒を知ってもらいたいとの想いから「楽しむ+ちょっとした学び」をコンセプトに、蔵元、飲食店、流通業者、利き酒師、小売店、さまざまな方の協力を得て多様なイベントやプロジェクトを企画。

日本酒美容女子会、一ノ蔵を楽しむ会、二十歳からの日本酒講座、モテる日本酒講座(20〜25歳の若者100人集客)etc..

https://www.facebook.com/Student.Sake.Association?fref=ts

☆ミス日本酒2013ファイナリスト

☆はせがわ酒店主催「日本酒でおもてなし!」表参道ヒルズにて、勝山として外国人向け日本酒セミナー担当。

☆仙台伊澤家 勝山酒造 輸出担当およびマーケティング補佐
http://www.katsu-yama.com

単身NYに渡り実家勝山酒造の輸出を始めたことを機に、それを引き継ぎ蔵の輸出事業を担当。(現地レストランにて酒ソムリエも経験)実地での経験を生かしマーケティングにも力を入れる。

☆ダイヤモンドオンラインにて日本酒コラム連載
http://dimo.jp/archives/columns/sakecolumn

☆フリーで若者向けの日本酒企画、酒類輸出事業の顧問複数。

※Facebookの友達承認は基本実際にお会いした方に限っておりますので、それ以外の場合はフォロー機能を使っていただくか、自己紹介のメッセージとともに申請いただけますと嬉しいです。

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top