【酒旅のススメ】三陸鉄道で呑み鉄、浜千鳥春物語号

2016.4.29

オリエント急行?いいえ、ノマネエト鈍行です。

っというのは冗談ですが、こんな素敵な列車に乗って日本酒をしこたま楽しむことができるという、夢のような企画に参加してきました。何処の世に呑み鉄するために、夜光バスと列車を乗り継いで岩手まで行く女がいるかというはなしで。

東京から来たんですか?と他の参加者の方々に驚かれましたよ。

そこはそれ。

三陸鉄道のレトロ車両は震災の際のクウェートからの寄付により作られた車両で、ランチ、スイーツ列車として走ったり、季節によってワイン、牡蠣、など三陸グルメを楽しみながら、美しいリアス式海岸を眺めることができる素敵な列車なのです。

今回のイベントは女性限定。岩手の酒蔵、浜千鳥さんの日本武道館とそれに合わせた美味しく食べてきれいになれるカフェメニューを食べようという企画なのでした。社内は桜の花がかざられ、なんとも華やか。

海老とアボカドのてりーぬや、ラタトゥイユのカナッペなどとあわせ、まずは吟ぎんがの純米吟醸。
レモンイエローの輝きに、ライム、レモンを思わせるきゅっとした酸。透明感溢れて瑞々しく、白い小花の蜜の香りも心地よいのでした。

野菜料理との相性も良ければ、

魚料理との相性もよく、舌平目のムニエルと。

ああ、牡蠣、ホタテとあわせても美味しいだろうなと思わせられる、ヨード的な海のニュアンス。ミネラル感もあってぐいぐい進みました。

お酒は冷も他に生原酒、純米大吟醸が飲み放題。始めはビールないの?の言っていた他の参加者の方も、いつのまにやら日本酒にうっとり。サーブされていた地元イケメン給仕さんも、普段は日本酒呑まないと言うのに、日本酒ってこんなに呑みやすいし美味しいんですね!と味見しておっしゃっておりました。

日本酒を使ったカクテルや地元出身のシンガーソングライター、志摩雪音さんのライヴあり、お楽しみ抽選会ありと盛りだくさん。

最後は皆が昔からの友人のようなってしまう力を持っている、日本酒って酔いなと!改めて思わされた酔い列車でした。

こちらの三陸鉄道さんは他にもイベントやっておりますし、新潟には越乃shukuraもありますし、ぜひ皆様も飲み鉄を!ういー!

kajin15

TOKYO SYUTOKEN TOHOKU KOUCHI

日本酒ナビゲーター,お燗名人,酔画師

酔いどれんぬ

好きな日本酒の銘柄:文佳人、萩の鶴、土佐しらぎく、安芸虎、乾坤一

秋田の母と京都の父の間に生まれ、米処宮城で育った生粋の日本酒好き。

作って呑んで、旅して呑んでをモットーに、肴を作って呑む日々。カフェで日本酒、肴を提案する傍ら、現在楽天レシピの公式アンバサダーとしておつまみ名人担当。作成肴レシピ数3000超。簡単居酒屋、バル料理はもちろん燻製料理も作成。

日本酒って美味しいだけではなく、楽しいをモットーに日本中を旅して新しい魅力を発見。呑んで描く、酔画師の一面も。

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top