【活動報告】「HAKOBUNE日本酒女子会~この際とことんマニアックな飲み比べ~編」

2016.4.11

桜が咲き誇る4月2日の土曜日

日本酒好きの女性たちが集まって
蔵元さんにお酒の事をレクチャーしてもらいながら、お喋りと飲み比べを楽しむ会
「HAKOBUNE日本酒女子会~この際とことんマニアックな飲み比べ~」

を開催しました!

頼もしい先生は
新潟県長岡市の蔵元さま
SAKE佳人でもある
長谷川祐子さん!

越後雪紅梅の純米大吟醸 しずく取りで乾杯したあと、
試した飲み比べはこんな感じ。。

【生酒 vs 火入れ】
越後雪紅梅 純米吟醸の生酒・火入れ
【フルーティ飲み比べ】
越後雪紅梅 無濾過生の純米・本醸造
【純米大吟醸 ぬる燗 vs 冷酒】
越後雪紅梅 純米大吟醸 美山錦仕込み

反応が大きかったのは
生酒と火入れの飲み比べ。


注いだ当初、好みのはどちら?
と聞くと
6:4で生酒派が勝ち。


それが暫く時間が経つと
温度が上がってきて
火入れの味のブレなさが目立って

ずっと変わらなく美味しい。

と火入れ派が増え始めたんです。

温度によってそのお酒の魅力が
表に出てくるのも
お酒の面白いところですよね。


温度の他にも
造り別、米別、年度別、合わせる肴別
今回は出来なかったですけど
酒器別だってすごく楽しいですよね。


私も祐子さんに色々聞きたかったのですが、、、

祐子さん

人気者すぎて

そんな隙間がありませんでした。泣






何はともあれ
初めてのイベントに戸惑い
拙い司会になったにも関わらず耳を傾けて下さった皆様

そして私の無理難題に、笑顔で快諾して下さった祐子さん

本当に、本当に有難うございました。



また、もっともっと楽しそうな日本酒女子会をやろうと思いますので

その際には何卒宜しくお願い申し上げます。





それでは、
今宵も 日本酒に乾杯。



Makiko Sato

kajin17

TOKYO (ginza, shinbashi, kanda, ikebukuro, otsua......)

利酒師 / 日本酒専門店勤務 / 株式会社セオリー(CEORY INC.)

SatoMakiko

✤東京都出身・豊島区在住

✤銀座を中心に店舗展開する「日本酒スローフード 方舟」という 日本酒専門店の会社に勤務して4年目。制作・営業・広報担当です。

✤大学生時代、利酒師資格を取得し 現在の会社に勤め始め 蔵元さんとの出会い 日本酒屋さんとの会話を通して日本酒何某かを学んできた「日本酒野生児」。(笑) 日本酒イベントを主催したりなど、徐々に活動範囲を拡大中!

知識も経験もまだまだこれからですが 職場柄 「日本酒界のスゴイ人たち」 にお会いしますので その方々の御言葉と 「日本酒と日本文化が持つ美しさ・素晴らしさ・大きな可能性」 を伝えていけたらと思います。

このキュレーターの他の記事を見る
Page Top